週刊isologue(第450号)VCはいかに株式を売却するか?(第7回)

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク
  • Delicious
  • Evernote
  • Tumblr

今回も、上場後、VCを始めとする投資家が、どのように株式を売却するのかを見ていきます。(以下、社名等呼びつけにさせていただいていて恐縮です。)

S2

目次とキーワード:

  • 日本モーゲージサービスのケース(ティー・ハンズオンインベストメント)
  • リネットジャパングループのケース(SBI、MIC)
  • グレイステクノロジーのケース(SBIインキュベーション)
  • シャノンのケース(WMパートナーズ、オリックス、サンブリッジ他)
  • 日宣のケース(ジャフコ)
  • ロコンドのケース(アント・キャピタル・パートナーズ、伊藤忠テクノロジーベンチャーズ、ジャフコ)
  • うるるのケース(ニッセイ・キャピタル)
  • ビーグリーのケース(リサ・キャピタル・マネジメント)
  • VCが役員を兼務している場合の売り方
  • 主幹事証券がVCのグループ会社の場合の見え方
  • VCが上場後も長期保有するのは「いいこと」なのか?
  • 単元未満株買取請求
  • 現物分配
  • 公募・売出の概要
  • 売却の概要
  • 役員の就任状況
  • 各社まとめ

ご興味がありましたら、下記のリンクからご覧いただければ幸いです。

(続きます。)

[PR]
メールマガジン週刊isologue(毎週月曜日発行840円/月):
「note」でのお申し込みはこちらから。