週刊isologue(第428号)上場前後の資本政策(2017年第1四半期 種類株編5)

今回もソレイジア・ファーマ社の「不思議な優先株」について、解読していきたいと思います。 

目次とキーワード

  • B種優先株式の追加
  • A種優先株主総会とB種優先株主総会の決議の関係
  • A種優先株式とB種優先株式の優先分配権の関係
  • 「コピペ」による冗長な株式の種類の定義とスッキリした定義
  • 優先分配額の謎の増加
  • なぜ定義がスッキリ整理されたのか?
  • 「誤訳調」定義の修正

ご興味がありましたら、下記のリンクからご覧いただければ幸いです。

[PR]
メールマガジン週刊isologue(毎週月曜日発行840円/月):
「note」でのお申し込みはこちらから。

週刊isologue(第427号)上場前後の資本政策(2017年第1四半期 種類株編4)

今回からソレイジア・ファーマ社の「不思議な優先株」について、解読していきたいと思います。

目次とキーワード

  • ソレイジア・ファーマの資本の概要
  • 資本金等の推移
  • 大株主の概要
  • 設立の経緯
  • 配当に関する拒否権
  • 優先配当権が「メイン」
  • 「譲渡事象」発生時の優先配当
  • 直訳(誤訳)調のIPOの規定
  • 残余財産優先分配権はアッサリ
  • 無議決権の優先株式と議決権ありの普通株式の関係は?
  • 取得請求権
  • ちょっとコワい取得条項
  • ナゾなバランス感覚の拒否権

ご興味がありましたら、下記のリンクからご覧いただければ幸いです。

[PR]
メールマガジン週刊isologue(毎週月曜日発行840円/月):
「note」でのお申し込みはこちらから。

週刊isologue(第426号)上場前後の資本政策(2017年第1四半期 種類株編3)

今回は、ロコンドの優先株式の続きと、「うるる」の優先株式、「ジャパンエレベーターサービスホールディングス」の「メザニン(社債)」型の優先株式について見てみました。 

目次とキーワード

  • ロコンドの優先株式から学ぶ、最初のファイナンスの重要性
  • うるるの優先株式の株式分割に関する制約
  • ジャパンエレベーターサービスホールディングスの「社債型」優先株式による資金調達

ご興味がありましたら、下記のリンクからご覧いただければ幸いです。

[PR]
メールマガジン週刊isologue(毎週月曜日発行840円/月):
「note」でのお申し込みはこちらから。

週刊isologue(第425号)上場前後の資本政策(2017年第1四半期 種類株編2)

今回も、先週のロコンドの種類株式の続きです。 

大量の登記簿上の種類株式の記載の違いを見つけるのは「間違い探し」のような感じなので、「この比較は、ツラいなあ・・・」と思ったのですが、ネットでダウンロードした登記簿のpdfファイルは、ちゃんと文字情報がコピーできるじゃないですか!
(検索はできるけどコピーができないEDINETの有価証券届出書のpdfファイルより親切です。)

ということで、パソコンで変更前と変更後の種類株式に関する記載の比較を、ある程度機械的にすることができました。

 

目次とキーワード

  • 1番目→2番目の種類株式の変更
  • 2番目→3番目の種類株式の変更
  • 3番目→4番目の種類株式の変更
  • 取締役会設置会社・監査役会設置会社への変更
  • タイポの修正?
  • 種類株式別授権枠の変更
  • B種優先株式の発行とその条件

ご興味がありましたら、下記のリンクからご覧いただければ幸いです。

[PR]
メールマガジン週刊isologue(毎週月曜日発行840円/月):
「note」でのお申し込みはこちらから。

週刊isologue(第424号)上場前後の資本政策(2017年第1四半期 種類株編1)

今回から、2017年第1四半期にIPOした会社のうち、種類株式を活用しているケースを深掘りしていきたいと思います。

今週は、おそらく50億円以上の大型の調達をしてきたロコンドについて、設立時の登記簿までさかのぼって、分析してみたいと思います。 

目次とキーワード

  • ロコンドの資本政策の概要
  • 有価証券届出書に開示されている資本金等の推移
  • 登記簿で見る資本金の推移
  • 登記簿で見る種類別発行済株式数の推移
  • 普通株式A、普通株式Bは「議決権種類株式」か?
  • 設立初期の普通株式での増資と資本政策
  • A種種類株式での増資は大幅なダウンラウンドか?
  • 種類株主総会による強力な拒否権
  • 現金による取得請求権
  • 「ラチェット」による修正条項

ご興味がありましたら、下記のリンクからご覧いただければ幸いです。

[PR]
メールマガジン週刊isologue(毎週月曜日発行840円/月):
「note」でのお申し込みはこちらから。

週刊isologue(第423号)上場前後の資本政策(2017年第1四半期後編2)

今回も、2017年第1四半期にIPOした会社の資本政策についてです。
(前回で全部終わらずに、「後編」が2つになってしまいました><)  

今年の第1四半期+αに上場したのは以下の企業です。

NewImage

今回は、

  • ユーザーローカル
  • ネットマーケティング
  • テモナ
  • ウェーブロックホールディングス
  • LIXILビバ
  • 旅工房
  • アセンテック

の7社を取り上げます。 

ご興味がありましたら、下記のリンクからご覧いただければ幸いです。

[PR]
メールマガジン週刊isologue(毎週月曜日発行840円/月):
「note」でのお申し込みはこちらから。

週刊isologue(第422号)上場前後の資本政策(2017年第1四半期後編)

今回も、2017年第1四半期にIPOした会社の資本政策についてです。

今年の第1四半期に上場したのは以下の企業です。

NewImage

今回は、

  • ソレイジア・ファーマ
  • ティーケーピー
  • No.1
  • ズーム
  • オークネット
  • スシローグローバルホールディングス

の6社を取り上げます。 

ご興味がありましたら、下記のリンクからご覧いただければ幸いです。

[PR]
メールマガジン週刊isologue(毎週月曜日発行840円/月):
「note」でのお申し込みはこちらから。

週刊isologue(第421号)上場前後の資本政策(2017年第1四半期中編)

今回も、2017年第1四半期にIPOした会社の資本政策についてです。

今年の第1四半期に上場したのは以下の企業です。

NewImage

今回は、

  • ピーバンドットコム
  • ファイズ
  • うるる
  • ほぼ日
  • ビーグリー
  • ジャパンエレベーターサービスホールディングス
  • インターネットインフィニティー
  • 力の源ホールディングス
  • フルテック
  • マクロミル
  • グリーンズ
  • オロ

の12社を取り上げます。 

ご興味がありましたら、下記のリンクからご覧いただければ幸いです。

[PR]
メールマガジン週刊isologue(毎週月曜日発行840円/月):
「note」でのお申し込みはこちらから。

週刊isologue(第420号)上場前後の資本政策(2017年第1四半期前編)

今回は、2017年第1四半期にIPOした会社の資本政策についてです。

今年の第1四半期に上場したのは以下の企業です。

NewImage

レノバ(元リサイクルワン)、ロコンドといった大型調達をした会社が含まれているので、今回は、

  • シャノン
  • 安江工務店
  • 日宣
  • ユナイテッド&コレクティブ
  • フュージョン
  • レノバ
  • ロコンド

の7社を取り上げます。 

ご興味がありましたら、下記のリンクからご覧いただければ幸いです。

[PR]
メールマガジン週刊isologue(毎週月曜日発行840円/月):
「note」でのお申し込みはこちらから。

週刊isologue(第419号)Snap(Snapchat)の資本政策(その6)

NewImage

Snapchatを運営するSnap, Incの資本政策、今まで、上場直前(S-1提出時)に有効な定款を見てきましたが、今回は上場した瞬間に有効になる定款を、上場前定款と比較して見てみます。

 

目次とキーワード

  • Class C普通株の発行
  • 上場前定款と上場後定款の違い

ご興味がありましたら、下記のリンクからご覧いただければ幸いです。

(ではまた。) 

[PR]
メールマガジン週刊isologue(毎週月曜日発行840円/月):
「note」でのお申し込みはこちらから。