週刊isologue(第501号)Dropboxの種類株(その3:優先株式の内容)

今週も、米Dropbox社の種類株について見てみます。

今週は、投資家が投資をする際の優先株(preferred stock)の内容をチェックします。

目次とキーワード:

  • 残余財産分配権(liquidation rights)
  • 各優先株の分配の優先順位は?
  • 「non-participating」型優先株
  • 「みなし清算」の定義と拒否権
  • なぜ、Series B優先株だけハードルが高いのか?
  • ラウンド間の投資家の利益相反
  • 現金以外の価値評価プロセスに見る、利害調整の設計
  • 取締役会5人中、投資家が選べるのは1人だけ!
  • 重要事項の、投資家による拒否権
  • Series C優先株の売却に関する制約
  • まとめ:Dropbox(セコイア)の、その他投資家との交渉力

ご興味がありましたら、下記のリンクからご覧いただければ幸いです。

[PR]
メールマガジン週刊isologue(毎週月曜日発行840円/月):
「note」でのお申し込みはこちらから。

週刊isologue(第500号)Dropboxの種類株(その2:シード投資時のスキーム)

今週も3月にIPOした米Dropbox社の種類株について見てみます。

Y combinatorがconvertible noteを推奨した頃から、レイターステージのファイナンスの巨額化も進み、ユニコーンがなかなか上場しなくなったので、実は、明確にconvertible note等を利用した企業が上場した例というのは、今までなかったんじゃないかという気がします。Dropboxはその最初の例に該当するのかどうか?そのシードの投資(2007年当時)のスキームは、どうだったのか?ということを推測するのが本日のテーマです。

シリコンバレーのシード投資の歴史を見ると、2008年頃に「Series AA」といった簡易版の優先株(つまり、convertible noteよりは複雑だが一般的な優先株よりはシンプルな優先株)が提案されています。

2010年にY Combinator創業者Paul Graham氏が「High Resolution Fundraising」というブログの記事を書いた時には、Y Combinatorのバッチ(半年ごとに行う投資先のグループ)全社がconvertible noteを採用した(Twitter投稿)とのことで、convertible noteは、その頃からさらに盛り上がっていったし、逆に言えばそれ以前から存在したということになります。

しかしながら、Dropboxが最初のシード投資をY Combinatorから受けたのは間違いなさそうですが、実際にDropboxが2007年に(株式なのかnoteなのか)何を使ってシード投資を受けたのか、上場時のS-1はもちろん、ざっとネットを検索した結果では、よくわかりません。
(「ここに載ってるよ」といったことをご存知の方がいらっしゃいましたら、ご教示いただければ幸いです。)

ということで今回は、S-1の添付資料(EX-3.1)の上場直前の定款等から、その辺の痕跡を読み解いていきたいと思います。


目次とキーワード:

  • 併合前、併合後、上場後の授権株式数
  • 各ラウンドのOriginal Issue Price(当初発行価格)
  • 「Series A」と「Series A-1」の違いは何か?
  • 定款からのファイナンス金額の推定
  • 2段階(Yコンとセコイア)のシード投資
  • Series A-1への転換
  • 転換でもらえたのは優先株だけか?
  • まとめ(アクセラレーターは「おいしい」商売か?)

 

ご興味がありましたら、下記のリンクからご覧いただければ幸いです。

 

[PR]
メールマガジン週刊isologue(毎週月曜日発行840円/月):
「note」でのお申し込みはこちらから。