週刊isologue(第445号)VCはいかに株式を売却するか?(第2回)

今回も、上場後、VCを始めとする投資家が、どのように株式を売却するのかを見ていきます。(以下、社名等敬称略)

S2

目次とキーワード:

  • アカツキの実例(グロービス)
  • アグレ都市デザインの実例(みずほキャピタル、三菱UFJキャピタル)
  • フェニックスバイオの実例(京大ベンチャーNVCC1号、三菱UFJキャピタル他)
  • 公募・売出の概要
  • 売却の概要
  • 制度ロックアップ
  • 役員の就任状況
  • 各社まとめ

ご興味がありましたら、下記のリンクからご覧いただければ幸いです。

(続きます。)

[PR]
メールマガジン週刊isologue(毎週月曜日発行840円/月):
「note」でのお申し込みはこちらから。

週刊isologue(第444号)VCはいかに株式を売却するか?(第1回)

今回から、上場後、VCを始めとする投資家が、どのように株式を売却するのかを見ていきたいと思います。

S2

「米国では、上場後もVCは株式を保有し続けるのに、日本のVCは上場すると株をすぐに売ってしまう」といったことを時々耳にします。VCは資金を提供するだけではなく、その株式をいつかは売却して投資の回収をはかるのがお仕事なので、株式の売却自体は仕方がありませんが、その売却の「マナー」が実際どうなっているのかには大いに興味があります。

(実際の日本の上場企業のデータに基づいたそうした議論や論文って、あまり見かけたことがなかった気がするのですが、実は存在したりするのでしょうか?もしご存知の方がいらっしゃったら、ご教示いただければ幸いです。)

「米国では、上場後もVCは株式を保有し続けるのに、日本のVCは、上場すると株をすぐに売ってしまう」という言葉には、「米国のVCはイケてるが、日本のVCは根性がすわっとらん」といった意味が込められてることが多いと思います。
ただし、上場後の資本政策は(もちろん投資家の方針に影響されるところも大きいですが)マーケット全体の環境や、その企業の規模や資本構成、他の投資家の行動等、多様な要素が絡むと考えられますので、(上場前に比べればはるかに)、投資家単独ではままならない要素も多そうで、米国と日本の資本市場やベンチャー生態系の違いも考えていく必要がありそうです。

目次とキーワード:

  • 上場時の時価総額と流動性と機関投資家の参画
  • 役員に残るかどうかとインサイダー取引規制
  • 公募価格と初値問題
  • 売却の実例となる企業は?
  • ヨシムラ・フード・ホールディングスの実例(産業革新機構)

ご興味がありましたら、下記のリンクからご覧いただければ幸いです。

(続きます。)

[PR]
メールマガジン週刊isologue(毎週月曜日発行840円/月):
「note」でのお申し込みはこちらから。

週刊isologue(第443号)ストックオプションの行使価格は、いかに設定すべきか?(完)

今週は、ストックオプションの行使価格の事例について考える最終回です。

NewImage

 

目次とキーワード

  • ロコンドの事例
  • うるるの事例
  • ソレイジア・ファーマの事例
  • Fringe81の事例
  • GameWithの事例

ご興味がありましたら、下記のリンクからご覧いただければ幸いです。

(ではまた。)

[PR]
メールマガジン週刊isologue(毎週月曜日発行840円/月):
「note」でのお申し込みはこちらから。