胆石、取って来ます!

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク
  • Delicious
  • Evernote
  • Tumblr

明日から1週間ほど入院して胆石の摘出手術をしてきます。

数ヶ月前から、脂っこいものを食べた後の深夜などに、胃の上部をギューッと握られるような強く鈍い痛みがみぞおちに走るようになったので、てっきり「オレ、ストレスで胃を悪くしているのかな」「もしかしたらガンかも」「スキルス性胃がんは進行が速いので、3ヶ月くらいで死んじゃったりして」「墓銘碑は『ベンチャー界の発展を夢見た男、ここに眠る』がいいかしらん」など、いろいろ妄想が広がっておりました。(人間、みぞおちが痛いと後ろ向きなことを考えるようになります)。

しかし、大きな病院で胃カメラを飲んでみても、何も出ない。
医者曰く、「あんたの胃は、ものすごくきれいだ。これはたぶん一生、胃潰瘍にはならない。保証してもいいくらいだ」とのこと。私、てっきり自分は胃が弱いヤツなのかと思ってました。どうりで胃酸を抑える薬とかを飲んでも全く効かないわけです。

単なる気のせいにされてもなんなので、その後、超音波のエコー診断等をやってみたところ、以前から健康診断で見つかっていたものの「手術するほどではないですよ」と言われていた胆石が、かなりデカくなっているのが発見されました。(直径17mmと13mmくらい。つまり2個。)
胆嚢は胃の上部のすぐ脇にあるそうで、脂っこい夜メシを食った夜中とか、サスペンションの硬い車で揺られると、みぞおちがグーッと痛み出すなど、後から考えると胆石の症状によくあてはまります。医者曰く「たぶんこれだ。胆石は、石が穴をふさいだ時だけ強烈な痛みが走って、石が動いて胆汁が通るようになるとケロっと直っちまうんだ。海外出張してるときなんかに発症したら200万円くらい手術代取られるから、この際これ取っちゃった方がいいな」とのこと。

ということで手術をすることになりましたが、親に健康な体をもらったおかげで、この年まで大病をしたこともなく、今回、いろいろ初体験のことが多くて、ちょっと盛り上がっております。

まず、手術に向けて、MRIや、ヨード造影剤を点滴してのCT検査など、ハイテク機器を使った検査をしました。ちょうど昨日、この興奮をお伝えするのに最適の動画付きの記事がありましたのでご紹介。(下記記事。)

NewImage

私もこれとたぶん同じGE製のCTで撮影をしまして、(動画を見ていただくと、おわかりいただけますが)、ホントにSFに出て来る異次元への転送装置みたいなんですよ。

MRIはただ「ゴッゴッゴッ」「ガッガッガッ」といった音が聞こえるだけなので、ものすごく強い磁界が自分の体にかかっていることを想像するしかないんですが、CTは(上記の写真のようにむき出しではなくカバーはされているものの)、カバーの一部が透明になっていて、この「異次元転送装置」の回転部分が高速で回転しているのが見えるんです。(アガります。)

またそもそも、全身麻酔も入院も今回が人生初体験です。手術と言っても腹をメスで切るわけではなく、穴を数か所開けるだけの腹腔鏡手術なのですが、(専門家でない私が申し上げるのもなんですが)盲腸に毛が生えた程度の手術なようなので、あまりご心配には及ばないようです。
胆石の手術はたいてい、胆石だけでなく胆嚢ごと摘出してしまうとのこと。胆嚢は肝臓から分泌される胆汁を貯めておくだけの袋なので、取ってしまってもあまり支障はないし、残しておいても、また石ができる原因になるだけのようです。ネットで検索しても、胆石を取ってから脂っこいものがダメになったという人も、かえって強くなったという人もいて、いろいろなようですね。(私は、脂っこいものがガンガン食えるようになるんじゃないかと密かに期待しています。)

全身麻酔を経験した知り合いに聞くと、だいたい「まず腕に何か注入されて、SFのように手の先からバキバキバキと凍っていくような感じがする。ただし、そのバキバキの冷凍が二の腕くらいまで来たあたりで意識が途切れて、次の瞬間には『起きてください』と看護婦さんに起こされて、もう手術は終わってる」といったことになるようです。
(本当に病気で苦しんでいる方には大変申し訳ありませんし、外観上は良識ある大人としておとなしく行動しておりますが)、そんなスゴい体験したことないので、心の中では、かなりワクワクしております。

来週月曜日か火曜日には退院できると思いますが、お硬い病院で、病室では携帯やパソコンなどの電子機器は一切禁止なので、大変申し訳ありませんが1週間ほどブラックアウトさせていただきます。(歩けるようになったら、携帯OKのエリアまで行って、メールチェックくらいはできるかも知れません。)
こんなに長期間ネットから離れるのは、へたすると20年ぶりくらいかも。
外界から途絶するこの機会に、日頃なかなか進んでいなかった執筆中の本の原稿を(紙と赤ペンという20年前以前のテクノロジーで)仕上げにかかりたいと思います。

ネットの情報によると、手術後は、傷口からのドレーンや、鼻から胃への管、尿を取る管(もちろんこれも初体験♡)など、あちこち管を刺されて、かなりイケてない姿になるようなので、もちろんお見舞いもご遠慮させていただければと思います。

取り急ぎ、ご報告まで。
ではまた!

[PR]
メールマガジン週刊isologue(毎週月曜日発行840円/月):
「note」でのお申し込みはこちらから。