週刊isologue(第245号)米国バイオベンチャーの資本政策(2013年)その2

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク
  • Delicious
  • Evernote
  • Tumblr

先週に引き続き今回は、「The top 10 biotech IPOs of 2013」の他の会社についても、優先株の最も特徴的な部分である残余財産分配権について比較してみます。
つまり、「バイオ系ベンチャーの優先株は、みんな強烈な条件が付いているのか?」ということを調べてみました。

NewImage

目次とキーワード

  • 残余財産分配権のSeriesごとの優先度のパターン
  • 「”and”参加型」
  • 「”or”参加型」
  • 「”and”参加+3倍上限”or”参加型」
  • 投資家が最初にx倍を取る優先分配権はあるか?
  • 後のラウンドの方が、倍数は大きくなるか?
  • Exitの金額で分配を変える規定。
  • 優先分配で年当たりの最低利回りを一定とする規定
  • 契約に基づいて、特定の個人に特別な分配を行う規定
  • 米国のベンチャーは必ず優先株を発行するか?
ご興味がありましたら、下記のリンクからお申し込みいただければ幸いです。

(ではまた。)

 

[PR]
メールマガジン週刊isologue(毎週月曜日発行840円/月):
「note」でのお申し込みはこちらから。