フェアレディZ ロードスター(屋根の開くやつ)買いました

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク
  • Delicious
  • Evernote
  • Tumblr

ひさびさに「遠足の日の前の小学生のように眠れない」体験をしました。

NewImage

2ヶ月ほど前に、「今の車(エスティマハイブリッド)も7年目なので」と、トヨタのディーラーの担当氏に新しいのを勧めていただいたのですが、大変申し訳ないことに、これが全くときめかない。エスティマハイブリッドは素晴らしい車で、家族も大型犬も乗れて燃費もいいし、7年経っても塗装もピカピカです。もちろんマイナーチェンジして、あちこち良くなってるはずですが、日頃IT業界の指数関数的なイノベーションを目にしていると、大変申し訳ないんですけど、まったく変化が無いように見えて、ときめきが全く感じられなかったのであります。

今までの人生で車を買った時は、「バイトして初めて車を買った!」、「初めて外車を買った!(15年落ちのBMW、15万円)」、「子どもが生まれて中古の小型車を購入」、「子どもが大きくなったので、初めて新車(ワンボックスカー)を購入」、そして今乗ってる「初めてのハイブリッドカー(なんと電気で動く!)」と、いつも人生の節目だったり「わくわく」が存在してきました。

では今のオレ、息子も2人とも高校生になった今のこの私にとって「わくわくする車」とはいったい何なのか?と、しばし熟考を重ねていると、突然、「そういえば、屋根の開く車だけは乗ったことが無かった」ということに思い至りまして。

 

コンバーチブルは絶滅危惧状態

しかし調べてみると、「屋根が開く車」は絶滅危惧種的な状態に陥っております。
以前、トヨタのディーラーで試乗させてもらったソアラのコンバーチブルがすでに生産されてないのは存じてましたが、同型のレクサスのSCも生産中止。ダイハツのコペンも今や生産していない。

理由は明快で、2人しか乗れなくて、ゴルフバッグもやっと1つ積めるかどうかで、一般的な実用性が無いからであります。(なので海外でしか売れない。)
しかし。私は息子2人もすでに高校生で、一家4人で出かけることも少なくなったし、ゴルフも数年前にやめました。モノを大量に運ぶ職種でもないので、3人以上乗るようなケースのためにエスティマハイブリッドも下取りに出さずにそのまま乗り続ければ、なんとかなるんじゃないの?と思った次第であります。
(高齢化や若者の車離れで、近所で車に乗る人は減少してるようで、駐車場もどんどん空きが出ていますので、今どきは近場で駐車場も安く確保できます。) 

 

フェアレディにロードスターがあった!

「屋根の開く車」で数少ない選択肢の一つ、マツダのロードスターは、オープンで世界一売れていてギネス記録にもなっているので、知り合いともカブるなあ、と思っていたら、日産の「Z」に屋根が開くのがあるぞと気付いて、良さげなので、その足で横浜の日産グローバル本社一階のギャラリーに実車を見に行きました。

(くわっ!)一目惚れ!これはひさびさの物欲MAX状態!

私、ここ数年、iPhoneとiMacの新製品以外のモノにあまり興味がわかない生活を送ってまいりまして、洋服はユニクロ(等)、iPhoneがあれば時計もいらないし、MacbookAirすら持ち歩かないのでバッグも不要で、鍵とサイフとiPhoneだけを持って、いつも仕事も手ぶらです。
しかし、Zのロードスター、これは来た!

フェアレディZは、一度2000年に生産中止の憂き目にあっているのですが、カルロス・ゴーン氏がCEOに就任後、2002年に復活。2008年にフルモデルチェンジを行って、2012年7月にさらにマイナーチェンジされています。 

「どこが気に入ったのか?」というのはいろいろあるのですが、例えば。

私が購入したのは7速AT(オートマ)ですが、ハンドルの横にマグネシウム製の「パドルシフト」なるものが付いてまして、これがちょっとヤバい。

NewImage
(出所:日産ホームページ

最初からマニュアル・モードにもできますが、オートマ・モードで走行していても、ハンドルから手を離さずにカチッと手元で押すだけで、シフトダウンしてマニュアル・モードに切り替わります。F1マシンみたいです。
しかも「シンクロレブコントロール」なるものが付いているので、シフトダウンした分、自動的にエンジンの回転数を上げてくれます。(つまり、自動的に「ヒールアンドトウ」してくれるので、シフトダウン時に”ガックン”と、ならないわけです。)

また、「屋根を開けたら、夏や冬は暑さ寒さに耐えられないんじゃないか?」とお思いかも知れませんが、「エアコンディショニングシート

NewImage
(出所:日産ホームページ

なる装備がありまして、シートの背中や太もものネットの部分から冷風や温風が出ます。
週末暑い中走ってみましたけど、背中が汗ばむこともなくサラサラで、まるで紙おむつのCMのようw。

他にも、車体の「ボン・キュッ・ボン」なフォルムも美しいし、ホイールの隙間からチラッと見える真っ赤なブレーキ・キャリパーもセクシーです。(もちろん見かけだけじゃなくて、ブレーキものすごく効きます。Zなんだから当然ですが。)

「屋根が開く車」とも言えますが、「ノーヘルで乗れる四輪のバイク」的な爽快感がありますね。
高速道路で走行していると、思わずタイタニックのあのレオ様気分になっちゃいます。 

 

色はオレンジにしました

色はFemto Growth Capital / Femto Startupのホームページのカラー

NewImage

に合わせて、車体が「サンフレアオレンジ」、椅子を「ボルドー(紫)」にしてみました。
(この車体の色、パールやメタリックも入ってて、光線の加減で赤っぽく見えたりオレンジっぽく見えたり、なかなかウェブではご紹介しづらい色です。) 

頭文字「F」なところも同じですし、Zのヘッドライトやテールライトのデザインは、毛筆を意識したとのことで、Femtoのロゴ

Profileimg femto 600

との縁も感じます。

これで都内を走って、ファンドの宣伝にもつとめたいと思います。(笑)
(もちろん、ファンドのお金で買ったわけじゃなく、自腹ですので念のためw。) 

 

どうなる維持費!?

先週金曜日の納車の前の晩は、なんだか興奮してなかなか寝られず、夜中の2時に目が覚めてしまいました。

ということで金曜日午前中に納車になってから、嬉しくて、奥さんともどもあちこち走り回っていたら、週末の3日間で走行距離が500kmを超えてしまいましてw。

ガソリンを入れたところ、

 2013 08 05 09 07 17

なんと、人生初のいち・まん・えん越え!
ハイオク高けー!(これでも会員価格でリッター6円引きくらいになってるんですが。) 
今どきの車なので、パワーは若干落ちるけどレギュラーを入れてもちゃんと動く仕様だそうですので、そんなにブン回すわけでもないならレギュラーでもいいのかも知れないですね。 

ちなみに燃費はカタログ値でリッター9.1km、今のところ高速中心で走っているので、実績値としてもリッター7.9km(車両情報ディスプレイ表示値)であります。

ま、コストの最小化だけ考えれば、車なんて持たずに電車に乗ってればいいわけですが、外車や(大好きな)Apple製品と違って、車体の購入金額の大半が日本のGDPに貢献しそうなところもいいです。:-) ハイブリッド車と組み合わせてエコに使ってまいりたいと思いますので、みなさま、何とぞ私めの贅沢をご容赦くださいませ。<(_ _)>

(ではまた。)

[PR]
メールマガジン週刊isologue(毎週月曜日発行840円/月):
「note」でのお申し込みはこちらから。