週刊isologue(第210号)これからの日本のベンチャー投資ストラクチャー(税務編)

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク
  • Delicious
  • Evernote
  • Tumblr

今週は、日本においても海外と同様、個人が中心(GP)となって(下図の「LLP-LPSストラクチャー」などで)ベンチャーキャピタルファンド等を組成したら税務上どうなるか、について考えてみたいと思います。

NewImage

目次とキーワード

  • 「carried interest」は「成功報酬」ではない?
  • 米英の「キャリー」の税務
  • 従来の日本のVCの「成功報酬」の実務
  • 消費税増税を迎える日本の「キャリー」
  • ファンドの税務は「せこい話」か?
  • なぜ株譲渡所得は分離課税で一定の税率なのか?
  • 組合に法人税が課せられない根拠
  • 「分配割合」が超重要キーワード
  • 組合員の利益額の計算方法
  • 法人の場合の規定
  • 所得区分と経費の扱い(経済産業省の照会)
  • まとめ

ご興味がありましたら、下記のリンクからお申し込みいただければ幸いです。

(ではまた。)

[PR]
メールマガジン週刊isologue(毎週月曜日発行840円/月):
「note」でのお申し込みはこちらから。