週刊isologue(第179号)スタートアップの資金調達は「転換株式」で決まり!?

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク
  • Delicious
  • Evernote
  • Tumblr

先週から「convertible equity」というコンセプトが一部で話題になっています。

米国のベンチャー支援組織とシリコンバレーの大手弁護士事務所の弁護士が協力して、このconvertible noteの欠点を補った「convertible equity」のひな型を8月31日に発表し、同日、TechCrunch、Forbes、Fortuneといったメジャーな媒体でも取り上げられました。(事前にきちんと広報的な動きをしたものと想像されます。)

NewImage

現在アメリカのエンジェル・ラウンドでの資金調達の50%はconvertible noteで行われているそうですが、これがもし、米国の税法や米国(デラウェア州)の会社法上などで本当に問題がないものなのだとしたら、恐らく今後シリコンバレーを始めとする米国スタートアップの資金調達では、convertible noteは使われなくなり、convertible equityが台頭するんじゃないかと想像されます。

日本では、こうしたエンジェルやインキュベーター向けの投資ツールの決定版がありませんでしたが、日本版convertible equityを考えてみると、思わず「なんでこの手に気付かなかったんだ!」と言ってしまうくらい、シンプルで実現可能性が高いもののようにも思えます。

ということで、今回はこの「convertible equity」が日本でも使えるかどうかについて考えてみたいと思います。
(追記:結果として、種類株式を使うこの回のアイデアはあまりよくなかったかも。普通株式を使ったよりシンプルなアイデアは、こちら(第205回)をご覧下さい。)

目次とキーワード:

  • convertible equityの、ひな型
  • convertible noteのメリット・問題点
  • 日本版convertible noteの問題点
  • convertible equityのメリット
  • 「convertible security」は「転換株式」か?
  • 「負債」「資本」とは何ぞや?
  • 日本でのインプリ上の課題
    ・受贈益?
    ・DESできるか?
    ・金融商品取引法上、どういう扱いになるか?
  • 日本版convertible equityのタームシート案

ご興味がありましたら、下記のリンクからお申し込みいただければ幸いです。

(ではまた。)

[PR]
メールマガジン週刊isologue(毎週月曜日発行840円/月):
「note」でのお申し込みはこちらから。