週刊isologue(第170号)上場株式の譲渡益等の税率はなぜ10%がいいのか?

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク
  • Delicious
  • Evernote
  • Tumblr

ネット証券大手4社が、上場株式のキャピタルゲイン税率10%の延長の署名を求めていたので、先週、「キャピタルゲイン税率10%延長の署名にご協力を!」というブログの記事を書きました。

NewImage

小飼弾氏(以下「弾さん」と呼ばせていただきます)のブログ(404 Blog Not Found)の「キャピタルゲイン税率10%を延長したかったら」という記事で、この私のブログ記事にコメントいただいてますので、今回はこの上場株式等のキャピタルゲインの税制について考えてみたいと思います。

目次とキーワード:

  • なぜ「金持ち」の税率は低いのか?
  • 「金持ち」とは何か?
  • キャピタルゲイン課税の整理
  • キャピタルゲインには「努力」の要素は無いのか?
  • 基本書では何と言っているか?
  • 金融税制研究会のレポート
  • 「株をやってるやつはデイトレーダーまたは金持ち」…ではなかった
  • 原則に戻すことで、どの程度の増収になるのか?
  • 資金循環とキャピタルゲイン課税

 

(ではまた。)

[PR]
メールマガジン週刊isologue(毎週月曜日発行840円/月):
「note」でのお申し込みはこちらから。