「新しいiPad」を親に贈ってみました。

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク
  • Delicious
  • Evernote
  • Tumblr

今朝、老父母に昨日発売のiPadを持って行ったら、すごくよろこんで貰えて良かった良かった。
今まで躊躇してたのに今度のiPadで踏み切ったのは、以下のような理由から。

  • 既にiCloudになっているので、「パソコンとUSBで接続して…」といったややこしいことが不要。
  • ついに日経新聞朝日新聞がiPadに対応して、これがなかなか私の周りでも評判がいい。アラ80だと、資源ゴミの日に新聞紙を出すのが重くてつらいらしいし。
  • 今度のiPadからRetina Displayになって、紙の印刷物を超えた感もあります。
  • 指の「ピンチアウト」で拡大すれば、老眼鏡要らず。
  • 考えから抜けてましたが、キーボード入力が不得意なお年寄りには音声入力がすごく便利。「うわ、こりゃすごいな」と変換率の高さに驚いてました。てか、これ、私でもiPadのキーボード打つより早いかも。
  • 機種はWi-Fi + 4G、16GBのホワイト。多分16GBでも使い切れないと思う。4Gを付けたのは、リテラシー的に、別途Wi-Fiルータを購入して外に持って行く時に接続というのが無理そうなので。
  • 4Gでも、ソフトバンクのiPhone持っていれば、1ヶ月100MBまでの使用量まではデータ基本料無料で月490円なので、たぶんその範囲で収まると見ました。(親孝行としては安い)

Apple ID作るのにクレジットカード番号を入れたりでなんだかんだ2-3時間かかるかと覚悟してましたが、持って行ったWi-Fiのセットアップまで含めて30分程度で済んだ。昔、パソコンのセットアップで説明に行った時に比べれば、雲泥の差でカンタンでした。

以上、親にiPadのプレゼントを考えている方のご参考まで。

[PR]
メールマガジン週刊isologue(毎週月曜日発行840円/月):
「note」でのお申し込みはこちらから。