週刊isologue(第398号)VCの作りかた(会計・評価編その11)

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク
  • Delicious
  • Evernote
  • Tumblr

今週も、IPEVの価値評価ガイドライン(International Private Equity and Venture Capital Valuation Guidelines)を見ていきます。

今回は「マルチプル法」による評価が中心です。

 

目次とキーワード

  • 業績指標に対する倍率「マルチプル」(Multiples)
  • 「適切な(appropriate)」マルチプルとは
    • 利益マルチプル(Earnings multiples)の使用
    • 売上マルチプル(Revenue multiple)の使用 
  • 「合理的な(reasonable)」マルチプルとは
    • 買収マルチプル(acquisition multiples)と公開企業の取引マルチプル(quoted company trading multiples)
    • 類似点と相違点の特定
    • ギアリング(レバレッジ)と税金がP/Eレシオに与える影響
    • EBITDAのマルチプルおよび減価償却費
    • 相違点の調整
    • 流動性不足の影響
    • キャリブレーション
    • その他調整の理由
    • 比較対象となる最近の取引
  • 「持続可能(maintainable)」な利益/売上とは
  • 業種ごとのベンチマーク( Industry Valuation Benchmarks)

 

ご興味がありましたら、下記のリンクからご覧いただければ幸いです。

(ではまた。)

[PR]
メールマガジン週刊isologue(毎週月曜日発行840円/月):
「note」でのお申し込みはこちらから。