週刊isologue(第205号)日本版convertible equity試案

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク
  • Delicious
  • Evernote
  • Tumblr

米国では設立間もないベンチャーに対する投資の約半分が「convertible note」になってきているとのことですが、日本ではこれに類した使い勝手のいい資金調達スキームの決定版がありませんでした。
以前、「週刊isologue(第179号)スタートアップの資金調達は「転換株式」で決まり!?」という回では、「転換株式」を使ったアイデアを考えてみましたが、これは種類株式を使うので、設立から日が浅いベンチャーが行う(3000万円未満程度の)少額の投資には複雑すぎるし、リーガルフィーも高くなってしまうんではないかというところが反省点。実際に登記できるかどうかも要検証です。

今回、普通株式を使った、驚くほどシンプルで、日本のベンチャー向きじゃないかというアイデアを思いつきましたので、ご紹介したいと思います。

NewImage

目次とキーワード

  • Convertible Note、転換社債の長所・問題点
    • 債務超過になりやすい点
    • 貸金業法に触れる可能性
    • 新株予約権付社債の発行の負担
  • 米国(オリジナル)のConvertible Equityの概要
  • 転換株式(種類株式)方式
  • 「普通株式方式」の概要
  • 「普通株式方式」の特長と要注意点
  • 「普通株式方式」と他の方式の違い
    • 資本
    • 議決権、株式数、株価
    • 残余財産分配権
    • 配当
    • 転換条件
  • 最初から株式を発行してはダメか?
  • まとめ

ご興味がありましたら、下記のリンクからお申し込みいただければ幸いです。

 

(ではまた。)

[PR]
メールマガジン週刊isologue(毎週月曜日発行840円/月):
「note」でのお申し込みはこちらから。