週刊isologue(第203号)「ベンチャーM&A税制」試案

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク
  • Delicious
  • Evernote
  • Tumblr

ベンチャーに対する優遇措置として、「大企業などがベンチャーを買収する時の税制優遇措置を検討したらいいんじゃないか?」というアイデアがよく聞かれます。

しかし、その具体的な案、手続きや効果のイメージがよくわからないので、本日は、「ベンチャーM&A税制」として、どういった内容が考えられるか、それがどういう社会的意義を持つのか、といったあたりを考えてみたいと思います。

NewImage

目次とキーワード

  • ベンチャーのM&Aを活性化させる意味
  • 投資家は「株式売却」で資金を回収する
  • M&Aの増加とベンチャー生態系の発展
  • M&Aの「加速効果」
  • どこを改善すればM&Aが活性化するか?
  • 株式の譲渡、ドラッグアロング、スクイーズアウト
  • ベンチャーM&A税制の案
  • 「適格組織再編」範囲の拡大
  • 売る側の企業のストックオプション保有者(従業員)

ご興味がありましたら、下記のリンクからお申し込みいただければ幸いです。

(ではまた。)

[PR]
メールマガジン週刊isologue(毎週月曜日発行840円/月):
「note」でのお申し込みはこちらから。