セミナー「起業とスピンオフのファイナンス」やります

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク
  • Delicious
  • Evernote
  • Tumblr

東京アカデミー・サポーターズさん主催の「ビジネスマンのためのベンチャー・起業セミナー」で、「起業とスピンオフのファイナンス」という講義を担当します。

特別講演と全4回の講義があり、私の回は、第2回:2月23日(土)15:15から。

私の回の内容は、一般的な起業のケースに加えて、既存企業から事業をスピンオフさせる際に、種類株式を使った資本政策を考えるというものです。
特に日本のスピンオフのケースでは、創業メンバーが非常に低い持分しか持てないケースが多いですが、最も活躍すべき創業メンバーがそれなりの持分を持つことで、成功のためのインセンティブや、追加資金調達や成長の余地も生まれます。一方で、創業メンバーは資金力も小さいことが多いですし、投資家や元の会社はダウンサイドリスクもあるので、そこを種類株式を使って調整する必要があります。 

「栢野克己氏特別公演」+「講義4回」で38,000円。
講義4回のみの場合は33,000円、
栢野克己氏特別公演のみだと8,000円です。

いずれも、「tokyo_acsp@hotmail.co.jp」あてに「磯崎の案内を見た」と書いて申し込んでいただければ、いずれも2,000円割引、全5回を申し込んだ場合には、下記の講座のテキストのうち1冊を希望していただくと、今週土曜日1月12日の特別講義の日にプレゼントしてくれるそうです。

 『小さな会社 儲けのルール』竹田 陽一・栢野 克己著 フォレスト出版 1,400円
 『起業のファイナンス』磯崎哲也 日本実業出版社 2,310円
 『リーン・スタート・アップ』エリック・リース著 井口耕二訳 日経BP社 1,890円

詳しくは、こちらのウェブページまで。

(ではまた。)

[PR]
メールマガジン週刊isologue(毎週月曜日発行840円/月):
「note」でのお申し込みはこちらから。