週刊isologue(第160号)Google新資本政策の検討経緯が公表された!

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク
  • Delicious
  • Evernote
  • Tumblr

4月12日に発表されたGoogleの無議決権「Class C」普通株を使った「株式分割」続報。今回は先週4月20日金曜日に新たに発表されたGoogleのPloxy Statement(株主総会招集通知)に開示されている、ものすごく詳細で長期にわたる、このスキームの検討プロセスを見てみます。

NewImage

目次とキーワード:

  • Googleの株主総会招集通知
  • 株主総会の議案
  • 基準日
  • 取締役候補(≒スキーム検討のメンバー)
  • 大株主の状況
  • 定款変更の内容
  • 検討の経緯
  • 特別委員会メンバー
  • 種類株式の上場と流動性
  • 特別委員会は「ヤラセ」で検討していたか?
  • シュミットCEOとプリンストン大学学長の独立性
  • 財務アドバイザーによる各種検討
  • なぜ2011年8月の検討が飛んでいるか?
  • 利益相反が考えられる場合とそうでない場合の落差
  • 「信任義務(fiduciary duty)」という美しい名の恐怖

ご興味ありましたら、下記リンクからお申し込みいただければ幸いです。

(ではまた。)

[PR]
メールマガジン週刊isologue(毎週月曜日発行840円/月):
「note」でのお申し込みはこちらから。