日経新聞でFemto Startup、取り上げていただきました

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク
  • Delicious
  • Evernote
  • Tumblr

昨日(2012年2月26日)の日経新聞朝刊「日曜に考える」欄の、「(イノベーション)「投資で貢献」商機大きく ここを攻めろ(7) 「ソーシャル」担う小口金融」という記事で、小平龍四郎編集委員に、Femto Startupについて取り上げていただきました。

創業期の企業に出資するファンド、フェムト・スタートアップを1月に立ち上げた磯崎哲也氏は、投資家の立場から金融ベンチャーに注目している。ソーシャル系と呼ばれる小口金融の可能性にも早くから注目してきた。
個人金融資産の中の預金の1%がソーシャル金融に流れ、そこで2%の利ザヤを得られればビジネスになる。08年夏、磯崎氏は自らのブログにそう記した。90年代終盤にネット証券の立ち上げに関わったこともあり、日本の個人金融資産の地殻変動は長年の注目点だったのだ。

どうもありがとうございます。

(ではまた。)

[PR]
メールマガジン週刊isologue(毎週月曜日発行840円/月):
「note」でのお申し込みはこちらから。