週刊isologue(第150号)Femto Startupの投資契約を公開します

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク
  • Delicious
  • Evernote
  • Tumblr

今年1月からはじめたFemto Startup LLPが、1月30日に第一号案件として株式会社ピースオブケイクに投資をさせていただきました。
このときの投資契約をベースに、設立間もないシード期のベンチャーにエンジェルやインキュベーターなどが投資をする際の投資契約書の「ひな形」を作成してみました。

ひな形本文はFemto Startupのウェブに上げてありますが、「なぜこういった条件にしたか?」といった、ひな形の考え方については、週刊isologueで解説させていただきます。
(より良いものにするために、コメント歓迎いたします。)

このひな型は、

  • 設立間もない「シード」のベンチャーで、
  • 近い将来、ベンチャーキャピタルなどからさらに資金を調達する予定があり、
  • 上場やM&AでExitを考えている企業に対して、
  • いわゆるエンジェルやインキュベーターなどが200万円から500万円程度を投資し、
  • 発行済株式数の平均5%程度を取得するような投資

といったケースを想定したものとなっています。

この「ひな形」を作るにあたっては、AZX総合法律事務所の雨宮美季弁護士に多くのご協力を頂きました。また、司法書士松田事務所松田敏明司法書士にも、多くのコメントを頂きました。ありがとうございました。但し、ひな形の内容及び特にコメント部分については、当然のことながらこの記事の筆者に責任があります。

(また、このひな形は一般化をしてありますので、第一号案件株式会社ピースオブケイクの契約書と一言一句同じにはなっておりません。念のため。)

ひな形のpdfはこちらをご覧下さい。
http://femto.st/pdf/Femto_Startup_investment_agreement.pdf

この「ひな形」が、日本のシード投資実務の発展に寄与するとしたら、幸いだと考えております。

 

目次とキーワード:

  • なぜ投資契約を結ぶのか?
  • なぜ5%程度の投資なのか
  • 取締役会”非”設置会社をオススメするわけ
  • 投資契約書の位置付け
  • 投資の目的は何か?
  • 投資は、普通株式?種類株式?Convertible Note?
  • 資金使途の制約はどの程度付けるのか?
  • 表明及び保証の範囲
  • ウソなどがあった場合の買取請求権
  • その他

 

(ではまた。)

[PR]
メールマガジン週刊isologue(毎週月曜日発行840円/月):
「note」でのお申し込みはこちらから。