週刊isologue(第479号)上場前後の資本政策(メルカリ特別編その4)

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク
  • Delicious
  • Evernote
  • Tumblr

今回も、ちょうど本日、公募価格が3,000円に決定されたメルカリの資本政策について取り上げます。

今回はストックオプションの内容、とくに行使価格の推移と株価との乖離、それら税務上の論点を概観してみましょう。

NewImage 

目次とキーワード:

  • ストックオプション発行の概要
  • 日本のスタートアップしては多めの量
  • 個別のストックオプションと行使価格の推移
  • 各回ごとに(小さめの上場企業の時価総額程度もの!)キャピタルゲイン
  • ストックオプションで優秀な人材を獲得する戦略
  • 日本で最も「攻めた」行使価格設定
  • 税務上の論点(行使価格の低さと税制適格ストックオプション)
  • 行使価格の変更はどのようなモデルで行われているか?(想像)
  • 上場申請前の優先株式の転換という「日本の悪癖」と行使価格への影響

ご興味がありましたら、下記のリンクからご覧いただければ幸いです。

[PR]
メールマガジン週刊isologue(毎週月曜日発行840円/月):
「note」でのお申し込みはこちらから。