週刊isologue(第261号)ケイマン法人の研究(その2)

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク
  • Delicious
  • Evernote
  • Tumblr

今週も、米国で上場を予定しているWeiboやBaiduの目論見書(F-1)から、ケイマン法人の定款を見てみたいと思います。

先週もお伝えしたとおり、米国デラウエア法人で基本定款(certificate of incorporation)と言っていたものは、ケイマン(英国法系)では「memorandum of association」、デラウエア法人で付属定款(bylaws)と言っていたものは、ケイマンでは「articles of association」と呼ぶようです。

今回はその「付属定款」の方を研究してみます。

目次とキーワード

  • 付属定款の章立て
  • 付属定款と株主総会決議
  • 中国-ケイマン企業のみなし清算条項
  • 種類株式内容変更の決議
  • 優先株式の転換
  • 残余財産分配の定め
  • まとめ
ご興味がありましたら、下記のリンクからお申し込みいただければ幸いです。

(ではまた。)

[PR]
メールマガジン週刊isologue(毎週月曜日発行840円/月):
「note」でのお申し込みはこちらから。