週刊isologue(第141号)日本でもベンチャーへの優先株投資が普及するか?

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク
  • Delicious
  • Evernote
  • Tumblr

経済産業省の「未上場企業が発行する種類株式に関する研究会」から平成23年11月28日付で報告書が出ています。 ご存知のとおり、アメリカをはじめ世界のベンチャー投資では「優先株」を使うのが常識となっておりますが、日本では普通株式での投資がフツウです。 今回はこの報告書をじっくりと検討して、日本でもベンチャーへの優先株投資が普及するのか?、問題点は何か?といったあたりをじっくり考えてみたいと思います。

 

目次とキーワード:

  • 優先株の基本
  • 優先株は「投資家側が一方的に得する内容の株」か?
  • 大成功の場合の「取り分」
  • 「そこそこ」の成功の場合の「取り分」
  • デッドロックの発生(投資契約、会社法等)
  • 米国exitの変遷
  • 経済産業省研究会、報告書の2大論点
  • 優先株式発行でストックオプションの価格は変わるか?
  • 税務上、本当に不明確だったのか?
  • 「社債類似株式」と比較して考える
  • 優先株の価格に関する素朴な疑問
  • 評価モデルはどう使われているのか(宿題)
  • 行使価格が下がるとうれしいか?
  • ストックオプションの相場観
  • 未上場時の行使
  • みなし清算条項(Deemed Liquidation)
  • なぜ米国のexitは変遷したのか?(仮説)
  • キャッシュフローから見た優先株と普通株の価値差の源泉

 

ご興味がありましたら、下記のリンクからお申し込みください。(初月度無料です)

 

(ではまた。)

[PR]
メールマガジン週刊isologue(毎週月曜日発行840円/月):
「note」でのお申し込みはこちらから。

週刊isologue(第141号)日本でもベンチャーへの優先株投資が普及するか?” への1件のコメント

  1. 郵便かなり良い。私はちょうどあなたのブログにつまずいたと私は本当にあなたのブログの記事を読んで楽しんでいると言っていました。どのような方法は、私はあなたのフィードを購読することでしょうし、私はあなたがすぐに再度投稿願っています。