週刊isologue(第108号)東京電力(収支予想編)

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク
  • Delicious
  • Evernote
  • Tumblr

先週は、今年3月末の決算で東京電力が債務超過に陥っているかどうか、ということをデータをもとに検討しました。
つまり、「静的な一時点での」「ストック」の検討をしたわけです。

債務超過かどうかもさることながら、今後の収益力を考えないと、東京電力の「処理」をどうしたらいいかもわかりませんので、今回は、「今後の」「フロー」、つまり、収益がどのような推移をたどるのかを予想してみたいと思います。

 

(ではまた。)

[PR]
メールマガジン週刊isologue(毎週月曜日発行840円/月):
「note」でのお申し込みはこちらから。