週刊isologue(第112号)東京電力の「意外?な好決算」を読み解く

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク
  • Delicious
  • Evernote
  • Tumblr

先週末(5月20日金曜日午後3時半)、遅れていた東京電力の平成23年3月期の公表がついに行われました。

決算短信(pdf)
決算概要(pdf)
アナリスト向け決算説明会資料(pdf)

 

今回の決算は、一言でいうと対前年比で増収・経常利益増益のすごくいい決算になっています。
当期純利益が1.2兆円の超ド赤字ですが、債務超過にはなっていません。

昨年12月末の純資産が約3兆円もあったので1.2兆円の損失程度では債務超過にはならないわけですが、手元のキャッシュに至っては、銀行から2兆円を調達したおかげで、3月末のキャッシュはなんと2.2兆円以上、昨年度末比で12.5倍というかなり潤沢なキャッシュを保持しています。

実態はどうなのか、詳しくこの決算の中身を見て行きたいと思います。

 

(ではまた。)

[PR]
メールマガジン週刊isologue(毎週月曜日発行840円/月):
「note」でのお申し込みはこちらから。