週刊isologue(第85号)上場前後の資本政策(前編)

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク
  • Delicious
  • Evernote
  • Tumblr

よく、
上場する時に、社長や役員で何%くらい株を持っていればいいんでしょうか?
という質問を受けます。

一言で言ってしまうと「ケースバイケース」です。
「他の経営者に負けないような経営をする自信があれば、ゼロ%だって社長はできる」
わけですので。(当然ですね。)

しかし、具体例を見るとイメージもわきやすいかと思いますので、今回は、昨年上場した19社を取り上げて、実際の例で、上場前後の企業の資本政策がどうなっているのか、傾向を見てみました。

201011232203.jpg

■目次とキーワード:

  • 2009年に上場した19社
  • 公募の株式はどのくらいの比率?
  • 売出しも含めた比率
  • 発行済株式、公募、売出しの関係
  • 時価総額規模との関係
  • 特異値の例(八洲電機)   

[PR]
メールマガジン週刊isologue(毎週月曜日発行840円/月):
「note」でのお申し込みはこちらから。