週刊isologue(第75号)「死なない時代」をファイナンス的に考える(試論)

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク
  • Delicious
  • Evernote
  • Tumblr

このところ100歳を超える高齢者の所在不明問題が話題になっています。
戸籍上約200歳になる方まで「発見」されていますが、もちろん、現代の環境下ではそんな方が存在すると考えられるわけがありません。

一方で、遠い未来を考えてみると、「人間」の寿命はどこまで伸びるのでしょうか。

 

今週は、いつもの週刊isologueとはちょっと趣を変えて、こうした人間の生命の長さを飛躍的に伸ばす技術革新が起こるような、超長期の未来を考えてみたいと思います。
ただし、対象は 「死なないこと」を実現するための技術的な考察というよりは、「死なないこと」が個人の人生設計や、社会全体の年金問題等にどのような影響を与えるのか、社会的・ファイナンス的な側面としたいと思います。

 

目次とキーワード:

  • 想定する技術的変化
  • 死因順位統計から考える
  • 遠い未来には「すごい」ことが起こってもおかしくない
  • 今後100年の方が技術革新が速い理由
  • 世代別に見た「死なない」世界への到達の可能性
  • 「死」の効用
  • 「死なない」関連事業のビジネスモデル
  • 社会的影響・倫理観

 

 —

ご興味のある方は、下記からお申し込みいただければ幸いです。

 

(ではまた。)

 

[PR]
メールマガジン週刊isologue(毎週月曜日発行840円/月):
「note」でのお申し込みはこちらから。