週刊isologue(第52号)キリン、サントリー、寿不動産

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク
  • Delicious
  • Evernote
  • Tumblr

今回52号です。ということは一周年であります。
1年間ご購読いただいたみなさんも購読されたばかりのみなさんも、誠にありがとうございます。<(_ _)>

 

さて今回は今年2月に破談になったキリンとサントリーの統合について振り返ってみたいと思います。

今まで両社の統合にはあまり興味なかったのですが、ツイッターで
「サントリーの持株会社である寿不動産も『親会社等状況報告書』を提出してますよ」
と教えていただいて、「ん?」とがぜんやる気が出て来た次第です。
よく見たらサントリー(ホールディングス)も有価証券届出書、有価証券報告書を出してます。

寿不動産の「親会社等状況報告書」に添付されているのは大株主の状況、役員の状況の他、会社法上の計算書類等だけなので、情報はさほど多くはないのですが、ここからわかることを分析していきたいと思います。

 

201003291124.jpg

今週の目次とキーワード

  • 両社の経営規模と企業価値の乖離
  • 寿不動産による「支配」と統合での影響
  • サントリー持株会社化の謎
  • 少ない資本で巨大会社を支配するテクニック

 

 

ご興味のある方は、下記からお申し込みいただければ幸いです。

 

(ではまた。)

[PR]
メールマガジン週刊isologue(毎週月曜日発行840円/月):
「note」でのお申し込みはこちらから。