「AGORA」:経済を脳死させないために「金利教育」の強化が不可欠だ

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク
  • Delicious
  • Evernote
  • Tumblr

「アゴラ」に記事を書きました。

経済を脳死させないために「金利教育」の強化が不可欠だ

 

先日ツイッターでも話題にさせていただいた、「小学生レベルの計算ができないことで、消費者も業者も経済全体も不幸になるのではないか」というお話です。

 

(ではまた。)

 


[PR]

話題になっている企業や経済現象をデータで分析する、有料メールマガジン
週刊isologue(毎週月曜日発行840円/月 申込月無料

購読お申し込みはこちらから。
今月のバックナンバーは、申し込むと自動的に送られて来ます。
カレンダーに沿って月が分かれますので、月末月初はご留意ください。

(先月以前のバックナンバーはこちら から購入していただけます。)

[PR]
メールマガジン週刊isologue(毎週月曜日発行840円/月):
「note」でのお申し込みはこちらから。

「AGORA」:経済を脳死させないために「金利教育」の強化が不可欠だ” への4件のコメント

  1. 非常に簡単な家計簿さえつけていないのが日本ですよ。
    まずは、そこからでしょうね。
    それとモノの値段を知らない人が多い。
    米は5キロ、今、最低価格はいくらで買えるとか。
    これができないと、勝間さんの本を読んでも精神論にしかなりません。
    で、若い人だけでなく、老人もそうです。
    いったい、いくら年金があれば暮らせるかがわからないとか。
    わからないから、ひたすら貯金しておくみたいな。

  2. つまり、日本は、基本的生活のための金銭常識が、世界で一番ない国でしょうね。
    反面、お金持ちは、異常な金銭感覚があったりするし。困ったものです。
    まぁ、割り勘と定価で、頭がおかしくなるのでしょう。

  3. ちょうど磯崎さんのアゴラの記事の下に、Ads by Googleで
    「新生銀行の円預金」
    「たった2週間で満期がくる新しい預金 今すぐ金利をチェック!」
    という広告があり、苦笑してしまいました。。。

  4. 所得税を払って、消費税を払って、住宅ローンを払って、こんなことをしていたら、生活が苦しくて、金利ぐらいどうでもいいと、なっているのかもしれませんね。
    ちなみに、イスラム教には、金利がありません・・・
    それに、鳩山首相が「労働なき富」とか言ったので、まさに、労働なき富は、金利です。ということで、学校では絶対に教えないということでしょう。