「社会の複雑化」と「会計士」

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク
  • Delicious
  • Evernote
  • Tumblr

先日、新オフィスに日本公認会計士協会の準会員会(昔の士補会)の幹部の方5名が来られて[新オフィス最初のお客さん]、インタビューしていただいたんですが、その記事がホームページに掲載されました。

 

企業内会計士として働く:
「複雑化する社会の中で、会計士の力が役立つ場面は増えていくと思います。」
http://www.jija.jicpa.or.jp/special/interview1.html

 

監査法人に勤めたことがない(トレーニーは数ヶ月やらせてもらいましたが)という人間をわざわざ選んで聞きに来てくれたそうで、ありがとうございました。

5人とも「受験時代からisologue読んでました」とのことで、ありがとうございます。

インタビューの中にも出て来ますが、最近、会計士試験に合格しても、監査法人へ就職できない人が急増しているという強い問題意識をお持ちだそうです。
会計士試験というのは、「いわゆる会計」の範囲に限らず、事業会社にしても行政にしても、複雑な事象を解きほぐして、元データから全体像をつかみとる「複雑さと闘う力」の基礎を学ぶには非常にいい試験なのではないか、ということをしゃべらせていただいております。

取り急ぎ、ご紹介まで。

 

(ではまた。)

 


[PR]

話題になっている企業や経済現象をデータで分析する、有料メールマガジン
週刊isologue(毎週月曜日発行840円/月 申込月無料)。

購読お申し込みはこちらから。
今月のバックナンバーは、申し込むと自動的に送られて来ます。

(先月以前のバックナンバーもこちらから購入していただけます。)

[PR]
メールマガジン週刊isologue(毎週月曜日発行840円/月):
「note」でのお申し込みはこちらから。

「社会の複雑化」と「会計士」” への1件のコメント

  1. 先日はありがとうございました!
    普段の監査業務とは異なった視点に気付かされ、貴重な経験となりました。
    今後とも「会計士」の名前を継ぐ者として頑張りますので、宜しくお願いします。