AIGのボーナス

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク
  • Delicious
  • Evernote
  • Tumblr

今週は、(3月決算とかにはあまり関係ないのですが)、いろいろあって、年間で一番忙しいモードになっておりまして、ブログの更新が止まっておりました。
(景気が悪いときでも、悪いことばっかりじゃなくて、いろいろ新しい動きや、おもしろいこともあるもんですねー。)
さて、アメリカの下院で通った法案。

The House voted 328-93 to approve a bill imposing 90% taxes on employee bonuses from firms bailed out by taxpayers. (中略) 
The House bill is a response to the furor over millions in retention bonuses paid by AIG.

出所:The Wall Street Journal
日本だと(期の途中で期初に遡って課税する法案が通ったりはしますが)、こういう場合には、「租税法律主義や課税の公平性の観点から、『後出し』で特定の人にだけ課税するのは困難。自主返上を求めたい。」とか言って、横並びで返納するというような動きになるような気がしますが・・・・。
アメリカは、公的資金もらっておきながら高額のボーナス出しちゃう方も出しちゃう方ですし、それを後出しで取り上げる方も取り上げる方で・・・・・ダイナミックでフレキシブルですねえ。
ちなみに、先週、大手町から丸の内に向かって歩いている時に撮った(丸の内の)AIGビルの写真。
AIG_bldg.jpg
一瞬、窓ガラスがもうはずされて解体が始まっているように見えてびっくりしました。(大手センタービルや りそなさんのビルが写り込んでいてガラスが無いように見えただけでしたが。)
(ではまた。)

[PR]
メールマガジン週刊isologue(毎週月曜日発行840円/月):
「note」でのお申し込みはこちらから。

AIGのボーナス” への5件のコメント

  1. 最低限の租税の中立性のためにはAIGだけを対象とするわけにはいかないのでしょうが、Citi等はとんだとばっちりを受けることになりそうですね。

  2. 今週のビジネス法務的ニュース・ネタまとめ 2009年3月第3週

     
    今週はニュースとネタが盛りだくさんでちょっと長いですが、お付き合いくださいませ。
    ▼不正競争防止法の改正案は「内部告発」を抑圧する(夜明け前の…

  3. [today]Mar. 22, Sat. 引越し進行中

    また一週間ためてしまった。。。 IT ゲームの世界に出現した「スター経済」とは@NikkeiNet ゲームオリジナルの「経済圏」ができるのはゲームに魅力…