「歴史のif」は許されるのではないか?

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク
  • Delicious
  • Evernote
  • Tumblr

元日経新聞の編集委員の牧野洋さんからメールいただきました。
牧野さんと言えば、当ブログの一昨年の売上No1になった

不思議の国のM&A—世界の常識 日本の非常識

も書かれた方ですが、「ワーク・ライフ・バランス」を掲げて一昨年 日経新聞を退職し、昨年からは南カリフォルニアに家族と住んで、「大手町からカリフォルニア」というブログ
http://worklifebalance.justblog.jp/blog/
を立ち上げられたところです。
(追記2010/4/8:ジャストシステムのブログが終了したことにより、リンク切れ。新しいURLは、
http://worklifebalance.typepad.jp/blog/)

このブログ、現時点でネットで検索しても結果ほぼゼロなので、まだ一般にはあまり知られてないと思いますが、これから充実されていくとのことなので、要注目かと思います。

さて、一点、牧野さんに教えていただいたのですが、
牧野さんが昨年翻訳された、アメリカのシンクタンクランド研究所について書かれた本「ランド」
 

ランド 世界を支配した研究所
 

に次のような一文が出てくるそうで、
 

Over the past few years, a growingly serious branch of American history sometimes called allohistory or counterfactual history has devoted itself to what might be called the ‘what if.’ What if the Confederacy had defeated the Union in the Civil War? What if Archduke Ferdinand had not been assassinated and World War I never happened? What if Hitler had invaded England? What if Al Gore had won Florida in 2000? It is a wonderful kind of speculation, meant to explore the essential capriciousness of fate, to examine the rationale for people’s actions and the way certain forces are considered by historians to be immutable.

アメリカの歴史学会の中に「アローヒストリー」と呼ばれる学派がある。「反事実的歴史」とも言える学派で、その活動はますます本格的なものになっている。ここ数年、この学派が集中的に取り組んでいる問題は「歴史に『もし』が許されたら」である。つまり、もし南北戦争で南部連合国が北部諸州に勝利していたら? もしオーストリア・ハンガリー帝国のフェルディナント皇太子が暗殺されずに、第一次世界大戦が起こらなかったら? もしナチスドイツのヒトラーがイギリスの侵略に成功していたら? もし二〇〇〇年の大統領選中にアル・ゴアがフロリダ州で勝っていたら? 
これらは頭の体操である。運命が本質的に気まぐれであることを探究したり、歴史上の人物の行動の背後にある合理性を考察したり、なぜ一定の歴史的な流れは変えようがないと歴史家が考えるのかを調査したりするには、このような方法が欠かせない。

 

先日私が書いた「タメグチ的ガバナンスの歴史」は、この 「allohistory」(counterfactual history)と共通する部分があるように思います、 とのことです。

「歴史のifに意味が無い」というのは、「歴史は『カオス』的であって、ほんのわずかな条件の差でその後が大きく変わってしまうから、あまり『what-if』を考えてもしょうがない」、または、「もう起こっちゃったことは変えられないんだから、考えても意味がない」といったことかと思いますが、

確かに、「来年がどうなるかを予測したい」といった目的に使えるかどうかはともかく、例えば、その歴史上のできごとが単なる「偶然」なのか、それともそのイベントがなくてもいつかは必ず同様のことが発生する「必然」なのかを考えることは、特に、「自由」「市場」「民主主義」といった、現代の世界を支える根幹のしくみの意味を多角的に考えてみるのには、絶対必要ではないかと考える次第であります。

SF小説やマンガなどでは、「もし、あのとき」というのは、よく使われる手法じゃないかと思いますが、学問としてそういう手法が存在するのは存じませんでした。どうもありがとうございます。>牧野さん

また、元シンクタンク研究員であるにも関わらず、不勉強にも上記の「ランド」もまだ読んでませんでしたので、早速買って読ませていただきます。

(ではまた。)

[PR]
メールマガジン週刊isologue(毎週月曜日発行840円/月):
「note」でのお申し込みはこちらから。

「歴史のif」は許されるのではないか?” への2件のコメント

  1. ご無沙汰しております。中妻です。
    isologueは変わらず愛読させていただいています。
    ここのところの「ifシリーズ」もとても興味深く見させていただいています。
    私は今アマルティア・セン博士の著作を読んでいまして、そこで語られる自由と民主主義の普遍性の話と、今isologueで語られているifシリーズの関連性が気になっているところです。
    若干文脈がずれるかも知れませんが、一文だけ引用してみたいと思います。
    ———-
    最初のほうで論じたように、現代的な意味での民主主義と政治的自由の擁護は、洋の東西にかかわらず、世界中のどの地域においても、啓蒙運動時代以前の伝統の中には見いだすことはできないのです。(中略)
    寛容な社会における自由と権利という基本概念は、“西洋”のもので、アジアにはなじまないとする考え方は、たとえそれがアジアの権威主義と西欧の自己中心主義との双方によってずっと支持されてきたのだとしても、ほとんど意味がないのです。
    (アマルティア・セン「貧困の克服」(集英社新書)より引用)
    ———-
    私が感じることとしては、「アローヒストリー」もやはり学問であるからには、証左として十分な網羅性が求められるであろうと思われるということです。
    「ifシリーズ」は磯崎さんの仮説または“たたき台”ということではあろうと思いますが、「ifシリーズ」に十分な網羅性を与える道のりは簡単ではなかろうなぁ、という感想を持ちました。

  2. ごぶさたしてます。コメントありがとうございます。
    >そこで語られる自由と民主主義の普遍性の話と、今isologueで語られているifシリーズの関連性が気になっているところです。
    引用していただいたところからだけの判断ですが、私が申し上げたいのはセン博士と全く同じでして、「アジア(人)だから市場経済は無理」といった短絡的な考え方には大反対なのであります。
    一方で、(以前にも述べましたが)、「同じ人間なんだから、アジア(人)でもやればできるはず」といった考え方も、これまた短絡的に過ぎると思われるわけです。
    アジアと欧米がまったく同じということはありえないわけでして、違うとしたら何が違うのか。どういう工夫をすれば、それが乗り越えられるのか。
    私としては、それが「意思決定コスト」という切り口で整理できないか、と考えているわけです。
    >道のりは簡単ではなかろうなぁ、という感想を持ちました。
    という点は、まったく同感です。
    >学問であるからには、証左として十分な網羅性が求められるであろうと思われるということです。
    ということについても(「原理主義」を批判していながら、私のやってることは「科学的」と言えるのか、と)大いに悩んだのですが、次の「思考のコスト」のエントリでも述べましたとおり、「完璧な論証」や「網羅」というのはものすごいコストがかかり、ともすれば不可知論や思考停止に終わってしまうわけです。
    「自然科学」史ですら、たとえばコペルニクスですら、地球が太陽を回っているというのは「仮説」でしかなく、観測との一致の精度も天動説の方がよかったわけで、これを「本当の(現在の)意味で」科学的な理解に落とし込むには、望遠鏡の精度が上がり惑星の大きさが違って見えたり、ケプラーやニュートンの理論を待たないといけなかったわけです。
    しかし、地動説が正しいという確たる根拠をコペルニクスが用意しなかったから、彼は単なるホラ吹きだった、ということにもならないわけでして。
    (いわんや、社会科学をや。)
    新しいアイデアが出てくるために必要なのは、「完璧な網羅性」ではなく「そこそこの人うなずいていただける根拠」だろうということで自分を納得させてまして、こうして駄説を皆さんのお目にさらさせていただいているという次第であります。
    (ではまた。)