4700

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク
  • Delicious
  • Evernote
  • Tumblr

放送大学「現代の国際政治(‘08)」第13回「エネルギー」の回で、高橋和夫教授が、「中国という国がどのくらいエネルギーを確保するために努力しているか」ということを示すものとして掲げられた数字。
何の数字かと言うと・・・


中国で2006年1年間に炭鉱事故で死亡した人の数、だそうです。
(それも、webを検索すると、どうもこの年の異常値ではなくて、毎年、千人単位の方が亡くなっているようで。)
(太平洋戦争や湾岸戦争を肯定するわけではまったくありませんが)、エネルギーを断たれるというのは、政治の指導者にとってはものすごい恐怖なんでしょうね。
今後ますます中国が経済発展すると、一体どんなことになっちゃうんでしょうか、ということを深く考えさせられる数字であります。
(ではまた。)
 
【追記】
コメント欄も、ぜひご覧下さい。驚きの数字が・・・。

[PR]
メールマガジン週刊isologue(毎週月曜日発行840円/月):
「note」でのお申し込みはこちらから。

4700” への3件のコメント

  1. Richさん、ご無沙汰してます。
    >The death tolls may be 20x higher if you include illegal mines, actually:
    10万人・・・絶句するしかない数字ですね・・・。
    「illegal mines」という存在があること自体、不勉強ながら存じませんでした・・・。
    東シナ海ガス田で「問題」が起こるわけですね・・・。
    どうもありがとうございます。
    (ではまた。)

  2. こちらにNHKで放送された中国炭坑のドキュメンタリーの興味深い要約があります。
    http://d.hatena.ne.jp/kaikaji/20070411/p1
    描かれている実態に気圧されるとともに、「人はインセンティブに反応する」という言葉を思い出し、この言葉に凄みを感じました。