「コンテンツ系」お墓参り

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク
  • Delicious
  • Evernote
  • Tumblr

風もさわやかな秋晴れの本日、しばらくサボっていた墓参りに行って参りました。
R773.jpg
うちの奥さんの実家のお墓がある霊園に、数年前にうちの実家の墓も建てたものであります。墓参りが一回で済むので、これは楽ちん。
この霊園、文筆系の方のお墓が非常に多いようで、某大物推理作家の方をはじめ、戦時下最大の言論弾圧事件である横浜事件で投獄されてその後アレックス・ヘイリーの「ルーツ」等をベストセラーにされた方や、大物書道家の方など、そうそうたる方々のお墓があります。
たった今気づきましたが、私がブログを始めたのが、ちょうどここに墓を建てたのと同じタイミングですね。最初は1日数十件程度のアクセスだったのに、その後みなさんからそれなりのアクセスをいただけるようになったのは、(それまで墓参りするという習慣もなかったのでご先祖のパワーをいただくようになったのかも知れませんが)、もしかしたらこの霊園のコンテンツ系パワーのおかげかも知れません。
先月亡くなられた赤塚不二夫氏のお墓もすぐ近くの区画なので、帰りがけにお参りしてまいりました。墓誌の字もまだ真新しく、たくさんの花やお供え物とともに「さよならなのだ」という漫画が供えてありました。
(合掌)

[PR]
メールマガジン週刊isologue(毎週月曜日発行840円/月):
「note」でのお申し込みはこちらから。

「コンテンツ系」お墓参り” への1件のコメント

  1. もうすぐ赤塚先生のご命日ですが。よろしければ霊園の名称と場所を教えていただけませんか?