デビアス銀座ビルディングのオープニングに行ってきた

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク
  • Delicious
  • Evernote
  • Tumblr

ご招待をいただきまして、昨晩、デビアス銀座ビルディングのオープニングに行って参りました。
P102.JPG
高価なダイヤがたくさんあるだろうとは予想していたのですが、案の定、8億円もするようなダイヤが店内にはゴロゴロと。ただし、1階の入口付近には数万円台のアクセサリーがたくさん展示されていて意外。(桁が1つ違うのではないかと2度見しました。)


資源を押さえてる会社が「直」(子会社)で小売しているから、同じ品質なら他のブランドより安いとのことですので、これからエンゲージリングなどを贈られるご予定の方は比較されてみてはいかがでしょうか。
店内は、シャンパングラスを片手に談笑するきれいな雑誌モデルのおねいさま達や外国の方々などであふれかえっており、購入したばかりのアクセサリー(億単位?)を早速胸につけて英語で会話する華僑系の男性も。お金持ちは、いるところにはいらっしゃるんですね・・・。
私は(というか、世の殿方の大半はおそらく)、宝石の輝きに惹きつけられるということはあまりないのではないかと思いますが、以前ロンドン塔に行った際に、イギリス王室の王笏に飾られている子供のこぶしほどのデカさのダイヤ(世界最大のダイヤの一つ。カリナンI世。530.2ct)を見て、その輝きに吸い寄せられそうな気分になり、やっと、世の女性がなぜダイヤに引きつけられるのかがわかりました。
(つまり、一般の女性に比べて、私は(男性は)1000倍くらいニブいわけです。)
個人的に一番興味があったのが、ゴルフボールよりやや小さめの黄色い石。
33億年前に生成された地球上で最も古い石の一つだ、とのことで。”includings”がかなりいっぱい入っていて黄色く濁っているので、ダイヤとしては非常に巨大で鉱物学的にも大変貴重なのに、さほど高くなくて3億円弱。1年あたり(?)、なんと0.1円以下!
これは(もし資産が50億円くらいあれば)ちょっと欲しいと思った。(仮定法過去)
(ではまた。)

[PR]
メールマガジン週刊isologue(毎週月曜日発行840円/月):
「note」でのお申し込みはこちらから。