第24回ICPFセミナー「通信・放送の総合的な法体系に対する通信事業者の考え方」

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク
  • Delicious
  • Evernote
  • Tumblr

よく見たら、筒井センセーの講演じゃないですか。
早速、ICPF事務局に申し込んだところ、席をゲットできました。
(楽しみー)
http://www.icpf.jp/archives/2008-01-08-1613.html

 総務省では「通信・放送の総合的な法体系に関する研究会」を組織し、通信法制と放送法制の統合について研究を深めてきました。この新しい法体系によって通信と放送の融合が促進されるかどうかについては、世の中には賛否両方の意見が存在します。
 情報通信政策フォーラム(ICPF)では月次セミナーでこの新しい法体系について議論を深めていくことにし、07年10月には「研究会」事務局を担当された総務省の鈴木茂樹課長を、11月にはTBSメディア総合研究所の前川英樹社長をお招きし、それぞれのお考えを伺いました。
 今回は連続セミナーの第3回目として、ソフトバンクBBの筒井多圭志取締役にお話をしていただくことになりました。

<スピーカー>
 筒井多圭志氏(ソフトバンクBB取締役CTO)

<モデレーター>
 山田肇(ICPF事務局長・東洋大学教授)

<日時>
 1月31日(木)18:30?20:30

<場所>
 東洋大学・白山校舎・5号館5201教室
 東京都文京区白山5-28-20

<入場料>
 2000円 ※ICPF会員は無料(会場で入会できます)

★申し込みはinfo@icpf.jpまで、氏名・所属を明記してe-mailをお送り下さい。

[PR]
メールマガジン週刊isologue(毎週月曜日発行840円/月):
「note」でのお申し込みはこちらから。

第24回ICPFセミナー「通信・放送の総合的な法体系に対する通信事業者の考え方」” への2件のコメント

  1. ますぴーしぇんしぇいによばれてきまひた( ・ω・)∩
    つついしぇんしぇ?ヽ(´ー`)ノバンザーイ

  2. ますぴーしぇんしぇいによばれてきまひた( ・ω・)∩
    つついしぇんしぇ?ヽ(´ー`)ノバンザーイ