OSCILLOかじり虫

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク
  • Delicious
  • Evernote
  • Tumblr

リッツ・カールトンのトイレの操作リモコンの件。


 
P01A_oscillating.jpg
(上から見たところ。クリックで拡大。)
われらが郵船ビルディングでも、最近の改装でこれとほぼ同形のTOTOのウォシュレットに変わったんですが、郵船ビルのは英語表記なし。流すための小さいボタンが「大」と漢字でしか書かれてないので、外国のお客さんがわかるかしらん?とイマイチ不安なのであります。(立ち上がると自動的に流れる機能付なので、おそらくオオゴトには至らないとは思うのですが・・・。)

[PR]
メールマガジン週刊isologue(毎週月曜日発行840円/月):
「note」でのお申し込みはこちらから。

OSCILLOかじり虫” への3件のコメント

  1. 磯崎先生のこのエントリの効果かどうかは存じませんが、
    郵船ビルのトイレにも英語の解説がつきましたね。

  2. ほんとだ!(先週金曜日までは、確かまだなかったような気がしますが、土日でつけていただいた、ということでしょうか。)
    コメントどうもありがとうございます。
    (ではまた。)