大阪探訪記(鶴橋編)

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク
  • Delicious
  • Evernote
  • Tumblr

本日は、某青年経営者の会にお呼ばれして、大阪で講演してまいりました。
着いた時間がちょっと早かったので、会場の隣の駅だったこともあり、「鶴橋」に行ってまいりました。
P02.jpg


以前、昔の会社の大阪出身の後輩とソウルに行った時、昼飯を食うべく南大門市場(ナンデムンシジャン)に出かけたら、
「うわー、この感じ。鶴橋思い出すわー。」
と言っていたので、長年ぜひ一度行ってみたかったんです。
でも、もっと(中華街みたいに)異国情緒たっぷりの軒並みコリアン料理店が立ち並ぶ街かと思ってたら、生のタコや豚や牛の内臓を売っているソレ系の店もあったものの、大半は洋装品店とか日用雑貨やらを売っている店ばかりで、意外に料理店は少ないんですね。
また、コリアン風とか異国情緒というよりは私が幼稚園生のころの荻窪駅北口の商店街(@杉並。闇市みたいなやつ)を思い出しました・・・。
いずれにせよ、かなりナイス!「リアルALWAYS三丁目の夕日」という感じであります。
適当に入った店で食った石焼ビビンパも、うまかった〜。
講演の後、新大阪駅で最後の〆としてコレ
P01.jpg
を(生まれてはじめて?)飲んで、今、東京方面に向かっております。
(今、新横浜手前。)
(ではまた。)

[PR]
メールマガジン週刊isologue(毎週月曜日発行840円/月):
「note」でのお申し込みはこちらから。

大阪探訪記(鶴橋編)” への2件のコメント

  1. こんばんわ 信託大好きおばちゃんです。鶴橋と聞いて、思わず反応しました。
    大阪にいたころ、鶴橋にときどきキムチの買い付けに行ってました。鶴橋の商店街の中のあるキムチ屋さんのキムチがおばちゃんの口に合うんです。あのテイストは、東京では味わえません。
    それから、今はあるのかどうかわかりませんが、吉田という焼肉屋があって、そこの生レバがおいしかった。

  2. 私も昨日、新大阪駅から新幹線に乗る時にジュース屋さんの存在に気付き、思わず写真に写っているミックスジュースLサイズ200円を買いました。
    今後新大阪に行くときの楽しみになりそうです。