北朝鮮向け債権のセカンダリー市場

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク
  • Delicious
  • Evernote
  • Tumblr

本日、人づてに聞いて ちょっと面白かったお話。
ロンドンで北朝鮮(政府等)向けの債権のセカンダリー市場が立っているらしく、ヘッジファンドなどがその債権を買ってらっしゃるそうで。
額面の1%弱といった相場とのこと(6カ国協議の動向等で相場が上下するらしい)ですが、それにしてもそんなもんどうやって回収するんじゃい、と思いますよね?


 
タネは、将来、北朝鮮が韓国と統合したときに回収できる(かも)、というストーリーのようです。
つまり、LBO等においてSPCが抱えている債務が合併で包括承継されるようなイメージでしょうか。
(この「合併」がいつになるやら権利義務がどう承継されるやら、よくわからないところがディスカウントがキツくなっている理由でありましょうが。)
確かに、500億円の債権が5億円なら、お金持ってるファンドなら、ま、シャレで買っておいてもいつかペイするのかも知れません。
ではまた。

[PR]
メールマガジン週刊isologue(毎週月曜日発行840円/月):
「note」でのお申し込みはこちらから。