「電気の史料館」に行ってきた

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク
  • Delicious
  • Evernote
  • Tumblr

これは、すごい!
I_0571s.JPG


 
http://www.tepco.co.jp/shiryokan/home-j.html
テレビCMで見て子供を連れて行ってきたのですが、これはいい!です。
(鶴見の交通の便の悪いところで、失礼ながらそれほど混んでもないんですが)、すごいお金がかかってます。
(電気の歴史の映画の上映もあるんですが、あれ、ナレーションが津川雅彦氏・・・じゃないかという気がしたのですが、気のせいでしょうか?)
おまけに安い。(大人300円。春休みは小中学生無料。)
「工場萌え」な方も思わずコーフンしてしまう展示品の数々。
なぜ、タービンがこういう形状をしているのか?というのもよく理解できます。
(同じ流体でも、蒸気と水では違うわけですね・・・。)
電磁気学でつまずいている学生さんとか、核反応のノウハウを習得したい北朝鮮の新人核開発担当者の方など、いろんな人に役に立ちそうであります。
(ではまた。)

[PR]
メールマガジン週刊isologue(毎週月曜日発行840円/月):
「note」でのお申し込みはこちらから。