ネット・エコノミー解体新書 第7回「携帯電話−巨人たちの戦い(前編)」

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク
  • Delicious
  • Evernote
  • Tumblr

日経BPさんのサイトで書いている、「ネット・エコノミー解体新書」の第7回、「携帯電話−巨人たちの戦い(前編)」がアップされました。
http://www.nikkeibp.co.jp/netmarketing/column/economy/061109_softbank/
ソフトバンクの参入で、今後どのような競争が展開されるか、興味わくわくの携帯電話市場ですが、この動きを、(技術やマーケティングというよりは)、財務的な観点から追ってみよう、という試みです。
長いので、今回は前後編に分けまして、まずは前編として、ソフトバンクによるボーダフォン(日本法人)買収のスキームと、「そんな”自分より大きい”会社を飲み込んじゃって、ソフトバンクは大丈夫なの?」という点について検討させていただいております。
(このへんのスキームの構造が、後編のDoCoMo、auとの「競争」をどう見るか、というところにも繋がってくる予定です。)
(よろしくお願いいたします。)

[PR]
メールマガジン週刊isologue(毎週月曜日発行840円/月):
「note」でのお申し込みはこちらから。