ロシアに行ってきまーす

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク
  • Delicious
  • Evernote
  • Tumblr

ただいま、JL441便でモスクワに向かって飛行中。高いところから失礼いたします。
cbb_im30s.JPG
ここしばらく国際線に乗っておらず今時のテクノロジーの普及度にキャッチアップできてませんでしたので、ご存じの方はいまさらでしょうし、モスクワ便なんてマイナーなのには最新テクが積まれてるという期待もしてなかったんですが、この便、「connection by boeing」
connex_logo.jpg

http://www.connexionbyboeing.com/

という、無線LANサービスで、機内でブロードバンドLANが使えますな。
このエントリのテキストや画像も、飛行機から通信衛星経由で東京の私のサーバにアクセスし、読者のみなさんのパソコンにお届けされております。技術的にこういうことになるのは10年以上前からわかっていたので、当たり前っちゃぁ当たり前ではありますが、実際にやってみると、「SF」であります。
(「記憶屋ジョニイ」』(Johnny Mnemonic) なんか、確か無理くり数百メガ程度の記憶を頭に詰め込んでコソコソ国境を越えていたことを考えると、「SF以上」ですな。)
機内で自分のパソコンの無線LANのマネジャーで「Connection1」というSSIDをクリックするだけで接続。
Webのブラウザで、「http://cbb.by.boeing」というローカルのURLにアクセスし、登録画面で名前やクレジットカード番号を登録すると、いとも簡単に接続できます。
cbb1s.jpg
ちなみに、このエントリのNo.は奇しくも?「747」ですが、機体はB777-200であります。
表面上は、普通の54MbpsのLAN(802.11a/b/g)で繋がってますが、(高価な通信衛星経由なので当然と言えば当然ではありますが)、実効のスループットを計ったところ、だいたい50kbpsくらいでんな。
(テロ対策でCIAやCTUwからの要請か知りませんが)なぜか無線LANの暗号化が選択できないですし、ロシア便だけに、元K○Bのハッカーの方が搭乗している可能性が約1.5%(当社推定値)ほどあるので、自分のサーバにログインするときは、当然、SSLやSSHベースであります。
(ではまた。)

[PR]
メールマガジン週刊isologue(毎週月曜日発行840円/月):
「note」でのお申し込みはこちらから。

ロシアに行ってきまーす” への2件のコメント