北朝鮮に対する金融制裁の「インパクト」を考えてみる

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク
  • Delicious
  • Evernote
  • Tumblr

北朝鮮は、米国の金融制裁に反発して六カ国協議への出席も拒否していて、今回のミサイル発射も、この金融制裁が予想以上に効を奏していて北朝鮮が追い詰められているからではないか、という報道があるので、米国がどういう金融制裁をしたのかを、ちょっと調べてみました。
web上の情報を見る限り、米国の金融制裁は、マカオの銀行「Banco Delta Asia(澳門匯業銀行)」に対するもの(だけ?)の様子。
米財務省のリリースは下記のとおり。(September 15, 2005)
USA PATRIOT ActのSection 311により、Banco Delta Asiaを「primary money laundering concern」に指定した、とあります。

Treasury Designates Banco Delta Asia as Primary Money Laundering Concern under USA PATRIOT Act
http://www.treas.gov/press/releases/js2720.htm
The U.S. Department of the Treasury today designated Banco Delta Asia SARL as a “primary money laundering concern” under Section 311 of the USA PATRIOT Act because it represents an unacceptable risk of money laundering and other financial crimes.
(中略)
Deficiencies at Banco Delta Asia noted in the finding include, but are not limited to, the following:

  • Banco Delta Asia has provided financial services for over 20 years to Democratic Peoples Republic of Korea (DPRK) government agencies and front companies. It continues to develop relationships with these account holders, which comprise a significant amount of Banco Delta Asia’s business. Evidence exists that some of these agencies and front companies are engaged in illicit activities.
  • Banco Delta Asia has tailored its services to the needs and demands of the DPRK with little oversight or control. The bank also handles the bulk of the DPRK’s precious metal sales, and helps North Korean agents conduct surreptitious, multi-million dollar cash deposits and withdrawals.
  • Banco Delta Asia’s special relationship with the DPRK has specifically facilitated the criminal activities of North Korean government agencies and front companies. For example, sources show that senior officials in Banco Delta Asia are working with DPRK officials to accept large deposits of cash, including counterfeit U.S. currency, and agreeing to place that currency into circulation.
  • One well-known North Korean front company that has been a client of Banco Delta Asia for over a decade has conducted numerous illegal activities, including distributing counterfeit currency and smuggling counterfeit tobacco products. In addition, the front company has also long been suspected of being involved in international drug trafficking. Moreover, Banco Delta Asia facilitated several multi-million dollar wire transfers connected with alleged criminal activity on behalf of another North Korean front company.
  • In addition to facilitating illicit activities of the DPRK, investigations reveal that Banco Delta Asia has serviced a multi-million dollar account on behalf of a known international drug trafficker.

この銀行のホームページはこちら。
http://www.delta-asia.com/
東京の大手町(First Square East Tower)にも駐在員事務所があるとのこと。
http://www.delta-asia.com/macau/eng/branch_locations.htm
ホームページの更新は、やる気がないようで、制裁があった2005年9月以降は、リリースすら載っていません。(日本だったら、「このたびは、多大なご迷惑をおかけし・・・」みたいなリリースが必ず載ると思うんですが。)
アニュアルレポートも、2004年度分までしか開示されてませんが、その2004年度版を見てみると、
総資産:4,204,202千HK$(630億円)
自己資本:485,006千HK$(72億円)
Interest income:127,136千HK$(19億円)
Other operating income:109,160千HK$(16億円)
純利益:59,849千HK$(9億円)
ということで、日本で言うと中くらいの信用組合以下の規模です。
この財務諸表、一応、PWCさんが監査して適正意見を出してるんですが(14ページ)、北朝鮮に協力した収入が(さすがに全部じゃないとして)、売上(Other operating income)の20%だとしても、3億円???
たかだかその程度のフィーのために、マネーロンダリングや偽札の流通に協力してたんでしょうか?帳簿に載らないところで、そういうことをやってたということですかね?
また、「この程度の」銀行を押さえられただけで、北朝鮮は身動きが取れなくなってしまうんでしょうか?
これなら、2002年3月に足利銀行が北朝鮮の銀行とのコルレス契約を解除した影響の方が、ずっと大きかったような気もしますが、当時(2002/03/28)の日経朝刊7ページの記事を見ると、

足利銀、北朝鮮向け送金を停止
 足利銀行は二十七日、四月中に朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)向けの外国為替業務を停止すると発表した。北朝鮮の七金融機関との間で送金業務などコルレス(代理店)契約を解消する。一九七九年から北朝鮮の金融機関と契約を結んで送金を始め、現在は年間一億円の実績がある。国際業務見直しの一環で「政治的背景はない」(本部審議室)と説明している。
 送金額はピーク時の九六年度には約十億円に達していた。(以下略)

ということで、これも、たいした金額じゃなかったんですね。
つまり金額から見ると、米国や日本が本気で怒ったら、あっという間に息の根が止まってしまうくらいのもんだけど、「いろいろ考えて」で、あえて「生かしている」という気もしてきます。
(ではまた。)
ご参考:
外務省の北朝鮮に関する基礎データ
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/n_korea/data.html
GlobalSecurity.orgのミサイル発射サイトに関する記事(写真付)
http://www.globalsecurity.org/wmd/world/dprk/no_dong-imagery.htm

[PR]
メールマガジン週刊isologue(毎週月曜日発行840円/月):
「note」でのお申し込みはこちらから。

北朝鮮に対する金融制裁の「インパクト」を考えてみる” への3件のコメント

  1. 都知事はカジノの合法化の替わりに、カジノの健全化による北朝鮮への制裁効果を訴えるほうが、都内にカジノを造る早道っぽいですね。
    選挙期間中はパチンコ店に入って、同じ金額でもっと面白いギャンブルを出来るようにすると訴えるのもいいかも。