飛行機

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク
  • Delicious
  • Evernote
  • Tumblr

JALさんのトラブルが続いているようですが。
−−−
昨日、昭和40年代のJALを知る方にお会いして伺った、印象的なお話。

当時は、松尾さんが社長のころで、社員の一人一人から社長の顔が見える会社でした。
松尾さんは、ほんとに飛行機の大好きな方で、今では考えられませんけど、夜更けのフライトで飛行機が空港に到着すると、「夜遅くまでご苦労さま」といって、社長が出迎えてくれることもしばしばありました。
当時はまだ、かつてゼロ戦を操縦していたというようなパイロットがいた時代。「エンジンが4つとも止まっても、この人の操縦なら安全に着陸してもらえる」と思ったもんです。

−−−
(なぜか)今、読んでいる本。
4101209154.09.MZZZZZZZ.jpg

そんなカヨに川野は、みどり色の縛帯に結びつけたカヨの特攻人形を軽く叩いてみせた。
「知覧に来て、よかった。この人形と二人で突っ込めるからな」
そう言いながら川野は、首に巻いた純白のマフラーをとり、カヨの手に握らせてやった。
そして川野は急にきびしい顔つきになり、踵を鳴らして二人に挙手の礼をした。
(ありがとう……ありがとう。)
そうでもしないと、いまにも涙があふれてきそうであった。川野は、その思いを断ち切るように背を返して、搭乗機の方へ走り出した。
(中略)
−が川野は死ねなかった。油圧調整弁の故障で、黒煙を上げて絶海の孤島、子宝島に不時着している。
豊増幸子(特攻機整備班、女子挺身隊員)の語る−
「私たちの整備した特攻機は旧式のおんぼろの九七戦で、それはひどいものでした。機体の鋲はねじを締めてもとまらないし、燃料タンクには穴があいて……油が洩れてくるその小さな穴に、私たちは泣きながらボロ布を詰めるしかなかったのです」

−−−
先日のNHKの生放送で、ゲストから「小さい頃、どんなテレビドラマを見てましたか」と質問されて、NHKの若手男性アナウンサー曰く、
「えーと・・・きゃ・・客室乗務員物語・・・」
4916016556.09.MZZZZZZZ.jpg

[PR]
メールマガジン週刊isologue(毎週月曜日発行840円/月):
「note」でのお申し込みはこちらから。

飛行機” への4件のコメント

  1. こんばんは。いつも楽しく拝読いたしております。
    ちびくろサンボ復刊された、とのこと。
    人間の記憶というものは、信用できないもので、私はトラがグルグル回っているうちにホットケーキになってしまったように記憶しておりました。嫁さんに聞くと、あれはグルグル回っているうちにバターになってしまって、そのバターでホットケーキを作ったとさ、というお話のようで。

  2. JALのことなら糸山氏なのですが、彼に言わせるとマスコミが粗探ししすぎで
    目立っているだけとか。要するに、そんなことANAでもどこの航空会社でもある
    ようなことを必死で探して報道していると。たしかにコスト削減やら大所帯やらで
    問題もあるでしょうが、どうなのでしょうか。まぁ個人筆頭株主様の主観ですから
    割引は必要でしょうが。

  3. 日本人なら1度は行ってほしいです。「知覧特攻平和会館」へ。私の子供が大きくなったら連れて行きたい。