モーソーとリアルの間(その2)

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク
  • Delicious
  • Evernote
  • Tumblr

私、以前ベンチャー勤めをしていたときに、
「人生でおそらく今しかできない」
と思ってスキンヘッドにしてみたことがあります。(笑)
スキンヘッドで背広着ると、ソッチ系の人に見えるらしく(笑)、若手社員等から、
「磯崎さん、こ・・・怖いっス」
と大変不評でしたので、やめましたが。
スキンヘッドは、毎日剃り続けないといけないので、非常にメンテナンスコストが大きいという面も発覚。
0mm→1mmでまったく違うもの(イガグリ君)になってしまうわけですが、6mm→7mmならあまり見かけは変わらないわけです。と、合理性を追求した結果、今のような髪型に。
その昔は長めだったので、ひさしぶりに人に会うと、
「髪、短くなりましたねー」
と言われる場合とか、
「髪、伸びましたねー」
と言われる場合とか、いろいろ。
ヒゲもいろんなパターンを試してみましたが、「似合わん」と奥さんにバッサリ切り捨てられて、結局、ヒゲ無しで定着。
(以上、私の姿を想像しようという方に、ジャミング電波をお見舞いさせていただきました。
<(_ _)>)

[PR]
メールマガジン週刊isologue(毎週月曜日発行840円/月):
「note」でのお申し込みはこちらから。

モーソーとリアルの間(その2)” への5件のコメント

  1. mixiの写真も単なる“磯崎さんというイデアの影”にすぎず、今のお姿はまったく違うかもしれないということですね。w

  2. あー、あれは比較的現在の実物に近いかも知れません。
    といっても、(orkutとかmixiとかgreeとか)SNSが始まった時に、急遽、携帯のカメラで撮ったピンボケ気味の写真であります。

  3. スキンヘッド>「ソッチ系」
    ひげ>「似合わない」
    ・・・・若頭系?・・・ネットを検索する前に今しばらくモーソーしてみます

  4. 電波・・・、ありがとうございます。
    海を越え、山を越え北米山岳地帯にも届いております。
    スキンヘッド+スーツ・・・
    なんだか、ヒロインを連れ戻しに軽井沢までおっかけてくるドラマの一シーンを思い浮かべてしまったのですが、それは・・(ブンブン首振り)違うな・・・。
    このまま検索するのはやめておこうと思います。そのほうがわくわくしますね♪
    お忙しい毎日、お体大切に♪

  5. 『磯崎哲也』を MARSFLAG で検索してみると、4ページ目の次の所に出てくるよ!
    『日経BIZ Financial Career Strategy』 の CPAホルダーのキャリヤポテンシャル
    う〜ん! チョットイメージ違ってたかな、私的には。
    それで、どう〜ってことないんだけど!