企業買収防衛策(今から総会に間に合うのか?)

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク
  • Delicious
  • Evernote
  • Tumblr

本日日経一面トップの見出しが、「買収防衛策、株主総会承認求める」となっていて、
経営者の保身を防ぐための条件、
1.社外独立取締役等による第三者チェック方式
2.買収防衛策解除条件の明示型方式
3.株主総会の了承を得る方式
の3つのうち、3番目の株主総会の了承を得る方式が「最も合理的」と書かれています。
経済産業省:企業価値研究会の論点公開骨子の公表について
http://www.meti.go.jp/press/20050307004/20050307004.html
という3月公表の資料を見る限りでは、この3つは「OR条件」で、どれか一つを満たせばOKと読めるのですが、最終報告書では「株主総会の承認を受けるべき」という方向なんでしょうか。報告書、本日公表とのことですが、まだ経済産業省のホームページにはアップされてない模様。
いきなり「総会の了承が必要」と言われても、上場企業のご担当の方々は(リアクション芸人風に)「おいおいおい!」って感じじゃないでしょうか。今年今から6月の総会に具体的なスキーム案までかけて了承を求めるとすると、スケジュール的にかなりキツイですよね。
すでに「ひな形」があればいいですが、今出て来ているスキームは、どれも、「株主に平等か」「解毒されてしまうのではないか」といった観点から考えて「イマイチ」というのが専門家の方々の評価のようですし。(ニレコさんも、批判の強かった「ニレコ方式」をやめて信託方式に移行するという記事が本日載ってました。)
導入コンサルに数千万円のフィーを提示されている企業さんもいらっしゃる、とか。
(1年待てば、スキームも出尽くして、ほとんどタダになると思うんですが〜。)
こんな記事が日経1面トップになったら、コンサルされてる方は、ますます儲かっちゃいそうですね。
「今からでも間に合う、6月総会に向けた買収防衛策導入のすべて!」
とかいうセミナーをやったら、30万円くらいの単価にしても200社くらい集まりそう。(笑)
(ではまた。)

[PR]
メールマガジン週刊isologue(毎週月曜日発行840円/月):
「note」でのお申し込みはこちらから。

企業買収防衛策(今から総会に間に合うのか?)” への4件のコメント

  1. >「今からでも間に合う、6月総会に向けた買収防衛策導入のすべて!」
    >とかいうセミナーをやったら、30万円くらいの単価にしても200社くらい集まりそう。(笑)
    「それだ!!!」(by ホリエモン)
    orz

  2. マーケット関連のニュース

    ・敵対的買収に対する防衛策等について経済産業省がまとめた報告書(よくまとまった素晴らしい資料で参考になります。ニュースで骨子は出てますが、週末にでもできれば報告書自体を読んでください。)。過剰な防衛策の制限と開示義務など。
    ・有価証券報告書の虚偽記載に…

  3. パブコメのススメ(イントロ)

    経済産業省の企業価値研究会から「論点公開†公正な企業社会のルール形成に向けた提案†」 が公表されました。
    5月11日までパブリック・コメントに付されています。ライブドア問題に関心を持たれた方なら、きっと色々と考えるところもあるはずなので、ご意見を出されて…

  4. いまさら聞けない「敵対的買収防衛策」 (2) 経済産業省編

    (昨日の続き)
    昨日、敵対的買収防衛策の検討主体がいくつもある、という話を書きました。
    今日は、その中の1つ、経済産業省が検討している買収防衛策について。
    ■経済産業省は、4月22日に「論点公開〜公正な企業社会のルール形成に向けた提案」を公表した。