SUICAは「電子マネー」の本命になるか

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク
  • Delicious
  • Evernote
  • Tumblr

SUICAが電子マネーのデファクト(?)獲得に本気(?)になってる気がします。
90年代後半の「電子マネー決済実験」みたいなノリとは異なり、かなり便利(?)。
(・・・ちょっと語尾上げ気味。)
KIOSK
まず、こちらですが。
東京駅八重洲口のKIOSKで、なんとSUICAを使って「セルフ」でお買い物ができるようになっててびっくり。
suica_kiosk.jpg
ちょっと写真が小さくて見にくいかと思いますが、スポーツ紙はタッチパネルのボタンを押してSUICAを当てる。バーコードのある商品は、バーコードをカメラにかざして、SUICAを当てる、という段取りです。
キヨスクの試験店舗でのお買い物方法

http://www.jreast.co.jp/press/2004_1/20040914/pdf/20040914_2.pdf

「おばちゃん、ここ100円置いとくよー」てなノリは、電子マネーではかなり難しいんじゃないかと思ってましたが、「セルフ」と来ましたか。KIOSKを「人間が見張ってる自動販売機」にしようということですね。(ちょっと面倒なので、そうはならない気もします。)
グリーン車
先週土曜日からJRのグリーン車の料金体系が変わり、SUICAも使えるようになったというので、今日、横浜−新宿間(湘南新宿ライン)で試乗してみました。
ホームであらかじめグリーン券を買っておけば750円ですが、社内で買うと1000円(!)と250円も多く取られることになったので、当然ホームで購入。
が、ホームの券売機でSUICAでグリーン券を購入したのに、券が出てこない。「あれっ?」って感じですが、実は「紙」の切符は出てこないでSUICAのカード内に「電子的に」グリーン券が書き込まれる、というわけです。
このアフォーダンス(?)は、かなり直感的に理解しにくいと見たのか、駅ホームに応援とおぼしき社員の方が立って、「はじめてですか?」と聞いて説明してくれます。(確かに、グリーン車のメイン客層であるお年寄りには、かなり理解がキビシイかも。)
このように、座席のそれぞれの上の天井のLEDがオレンジに光ってるんですが(写真は窓側と通路側の2つ。)
suica_green1.jpg
電子チケットの入ったSUICAで触れると緑色に変わります。
suica_green2.jpg
SUICAには「どこまでグリーン券を買ったか」という情報も書き込まれているはずなので、その区間をすぎると、またLEDの色が変わるんでしょう。
(この方式、まだ湘南新宿ラインなどだけで、東海道線ではまだやってません。)
グリーンに乗ってると、車掌がまわってきて「乗車券とグリーン券を見せろ」というのが非常にうざったいのですが、新方式だと若いコンパニオンのお姉さんがランプを確認して通り過ぎていくだけなので、非常にいいです。
そう。今までは「この客は切符チェック済」「この客は小田原まで、こっちは平塚まで」というようなことを記憶してないといけないので、おっさんベテランの車掌さんでないと対応できなかったわけですが、新方式だとバイトの女の子でも検札ができるわけです。(人件費節約、おじさん斬り。)
ちなみに、「グリーンなんぞぜいたくな」とお思いの方も多いかと思いますが、ちょっとパソコンで調べ物をしたいが一般車両は座れない、というようなときに、座ってテーブルで作業できるなら、「ちょっと高めのマンガ喫茶」と思えば750円もまあリーズナブルかと思います。これでパソコン用の電源と無線LANがあったりするとさらにグー(死語)なんですけどね。(かなりご年配の方が客層の中心なので、あまりニーズないかも。)
suica_green3.jpg
(座席の前の説明書き。)
Suicaでの普通列車グリーン車のご利用について

http://www.jreast.co.jp/suica/etc/green/index.html

(では。)

[PR]
メールマガジン週刊isologue(毎週月曜日発行840円/月):
「note」でのお申し込みはこちらから。

SUICAは「電子マネー」の本命になるか” への1件のコメント

  1. モバイルSUICAを早速使ってみた

    先週土曜日(28日)から始まったモバイルSUICA。 携帯も902iに変えて、 さっそく使ってみました。 ICカード同士の干渉 2年半くらい携帯を変えてなくて、そろそろあちこち壊れてきたとか、物欲にかられた、ということもありますが、考えたことの一つに「ICカードの干渉」とい…