本サイトご利用上のご注意

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク
  • Delicious
  • Evernote
  • Tumblr

本サイトをご利用いただき、ありがとうございます。
本サイトの内容はすべて当事務所および筆者個人の見解であり、筆者の属するいかなる法人、団体等の意見を代表するものでもありません。
本サイトのコンテンツの内容につきましては万全を期しておりますが、その内容を当事務所が保証するものではありません。この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当事務所は一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。
本サイトのコンテンツは投資勧誘または投資のための情報提供を目的としたものではありません。利用者は本サイトの各コンテンツより得た情報を、利用者ご自身の判断と責任において利用していただくものとします。
本サイトにおいて公開されている情報につきましては、著作権法その他の法令に違反しない範囲で自由にリンクしていただいて結構です。
トラックバックやコメントが行えるコンテンツの場合、自由にそれらを行っていただいて結構です。ただし、本サイトのコンテンツに関連の無いもの、筆者の属する法人・団体等に関するもの、スパム行為等、当事務所が不適切と判断したものについては、記入者の事前の了承なく当事務所の判断で削除させていただくことがあります。
本サイトからは他のウェブサイトへリンクを行っていますが、リンク先のホームページは当事務所が運営管理するものではありません。リンク先の内容の信頼性については当事務所は一切責任を負いません。
本サイトのコンテンツは、ごく一部の方よりではありますが、「毎日読まないと禁断症状が出る」というありがたいお言葉をいただいております。仮に本サイトのコンテンツの更新が遅れるなどしてそのような症状が出た場合であっても、当事務所は一切責任を負いかねますので、ご了承ください。
また、まれに本サイトのコンテンツがお肌に合わない方がおられます。本サイトのコンテンツを読んでお肌に異常を感じた場合には、ただちに使用を中止し、医師にご相談ください。
直射日光を避け、風通しのいい場所でお読みください。
本サイトのコンテンツの著作権は、磯崎哲也事務所に帰属します。
Copyright © 2004-2005 TETSUYA ISOZAKI & ASSOCIATES All Rights Reserved.

[PR]
メールマガジン週刊isologue(毎週月曜日発行840円/月):
「note」でのお申し込みはこちらから。

本サイトご利用上のご注意” への6件のコメント

  1.  今日のコメントで、「こんなニッポン放送の新株予約権欲しいですか」という問いがあったのですが、欲しい人は結構いるのではないかと思います。このオプションの現在価値はどんな計算をしても850億円くらいありますので、500億円くらいは割安な発行になると思います。これは、株を買いたいかどうかに関係なく、この価格で購入した後一ヶ月後までデルタヘッジしていけば、単に実現できる利益です。言及されている流動性の問題もありますが、こうして供与された利益額って、ライブドアがリーマンから合法的に調達した金額と同規模ですよね?やっぱりおかしい気がしますよ。

  2. ブログの参考に致しました。
    私見ですが、新株引受権。
    ニッポン放送の取締役会の決議が有れば消却出来るようです。
    そしてその場合はオプション料がフジテレビに返還されます。
    つまり株価が下がってTOBが成功すれば良いと言うことなんでしょう。
    そう考えれば有利発行ではなくとも違法性が見えてくるような気がします。
    ところでブログを書く際に参考にしたのでリンクを入れます。
    問題があったらご一報下さい。

  3. こんにちわ。
    いつも楽しみにしています。
    お願いなんですが、可能であればフォントのサイズの変更が可能な設定にして欲しいです。
    CRTで読んでいるときはよいのですがノートPCなど液晶で読むときに文字が小さすぎて
    眼鏡をかけないと見づらいです。文字サイズ固定のブログは多いですが理由が判然とせずに読みにくいだけで足が遠のきます。ぜひ視力の弱い読者にご配慮を。

  4. >可能であればフォントのサイズの変更が可能な設定にして欲しいです。
    了解いたしました。検討させていただきます。
    私も、文字サイズはちょっと気になっていたんですが、元々参考にしたテンプレートが固定文字サイズになっていたので、(結構直すところも多く)、検討が止まってました。
    月末でちょっとバタバタしてるんですが、落ち着きましたら変更方法を検討いたします。
    よろしくお願いいたします。

  5. すみません、本日やっと文字サイズの設定を変更いたしました。
    大変遅くなりましてすみません。
    よろしくお願いいたします。
    ではまた。

  6. 初めまして。かなり難しい内容で理解がついていけない身でいうのもなんなんですが、とても良識ある方とお見受けいたします。さて今日は一つ大胆なんですが提案をさせていただきたくメールさせていただきました。今NHKの朝のテレビ小説”どんど晴れ”が間もなく最終回を迎えます。もしご覧になっていないのであればNHK HPでみていただき、ここではあらすじは割愛させていただきますが、私はこれを見ていて日本の将来が心配になりました。今の日本人はこんな感じの思考回路なのかと・・。というのは老舗旅館が外資の乗っ取り屋にとられそうになるのですが、家族の団結とおもてなしの心によって乗っ取り屋を追い払うみたいな昔の時代劇みたいな最後は正義が勝つみたいな作りなのですが。この旅館が窮地に追いやられたのはそれ相応の理由(一人馬鹿息子がいただけの話ですが)があり、もともと家族の団結はいい人だらけならばそのような窮地に追いやられる前に何か手を打ったり、従業員がちょっといい条件だされたからといってすぐ辞めたりはしないはずなんですが(そんなんで辞めるのもその人達の人格を疑いますが)。でも後で涙をながして誤ると許されてしまうんです。要は良識ある人であればもともと窮地に追いやるような事は小さなつぼみの時に解決すると思うのですが、この番組をみるといつも事件になるまで野放し状態。でも最後は家族愛が勝って、外資の乗っ取り屋は退散するという安易な結末なのです。これでは私は全く感動どころが”え?これで許されるへんな前例にならないの?”みたいな気になってくるのです。これが今の日本の現実なのかなあと・・。いくらテレビとはいえ、公共放送であり、国民の共感をとるものでありますから。なぜこれに投稿したかというとその外資の乗っ取り屋を一方的に悪く扱っているのが気になったのと(これもかなりわかりやすい悪者になっています)、isogoguさんの日本人感をぜひ聞いてみたかったのです。もしお時間に余裕がありましいたらぜひご意見をのせて下さい。よろしくお願いします。